5-1.業界最新情報

【麻雀事業の集客方法】アフィリエイト広告はもしもがおすすめ

麻雀事業の集客に頭を悩ませている人もいるかと思います。

悩める人
悩める人
自社ショップだけでの集客は厳しいが、楽天、Amazonは手数料が高い・・・どうすれば良いものか・・?

そんな場合は、アフィリエイト広告(ASP)に登録するのも一つの手です。

たkる
たkる
アフィリエイトというのは、成果報酬型の広告を出してサイトやSNSで紹介してもらう方法。すでに集客力を持っているサイトなどと提携できるため、大きな成果が見込める広告出稿手段です。

今日はアフィリエイト広告を考えている麻雀企業におすすめのやり方を解説します。

結論だけ言うと「もしもアフィリエイト」がおすすめです。

たkる
たkる
以下でその理由を解説します
広告

麻雀事業の集客!まずは知ってもらうことが重要

麻雀事業を取り巻く環境を見ていきます。

麻雀は年間400万人を動員する一大娯楽です。最近ではMリーグなどによりさらにその人気は高まっています

しかし麻雀関連の商品に関して言うと、特定の専門店がリアルにはほとんどない状況。

たkる
たkる
麻雀牌の専門ショップとかはほぼないです。

なので必然的にネットで売り買いをすることになります

そしてネットではリアルな店舗とは異なり、遠くの人にも知ってもらえる反面、うまく情報を拡散できなければ、一人も客が来ないという状況にもなりえます。

たkる
たkる
いわゆる孤島のラーメン屋状態(商品が良くても認知されないため売れないの意)

そこで麻雀系事業を推進していくためには、ネットを通じて人々に知ってもらう必要があり、そのための手段の一つとしてアフィリエイト広告を出すというのは有効です。

麻雀事業でアフィリエイト広告をやる場合

では麻雀事業でアフィリエイトをする場合、どのような感じになるのかを見ていきましょう。

アフィリエイトというのは「成果報酬型の広告」となります。

つまり、企業の持つ商品やサービスを別の人に紹介をしてもらい、その紹介者経由で商品やサービスが売れた場合、成果報酬を支払うというビジネスモデルです。

アフィリエイトの良いところは、麻雀に興味のある人が集まるサイトなどに対して、手間やお金をかけずにリーチできるという点。

これはアフィリエイターの側面をもつ自分の調査結果ですが、麻雀のアフィリエイト案件は今のところほとんどないため、競合に差をつける非常に有力な手段となります。

たkる
たkる
手数料はアフィリエイターに払う報酬の3割程度が相場。この辺の話は後述します。

アフィリエイト広告が無料で出せるもしもアフィリエイトがおすすめ

じゃあアフィリエイト広告をどうやって出すのか。

これはアフィリエイトを仲介するASPと呼ばれる企業のサイトへ自社ECサイトを登録して、サイト運営者とのマッチングを行うことになります。

で、このASPというのは

  • A8・・・いちばん有名
  • バリューコマース・・・老舗だけど麻雀に厳しい
  • リンクシェア・・・楽天が運営

など色々ありますが、特におすすめなのはもしもアフィリエイトです。

なぜかというと、大手のASPは企業などの大型サイト向けの色が強く、個人サイトに対してはそこまで力を入れていないから。

麻雀は企業から個人へ情報を提供する!というタイプのものでもないので、個人サイトに特化した「もしもアフィリエイト」がおすすめ

もしもアフィリエイト登録のメリットについて

広告主側のメリットとしては、もしもアフィリエイトは成果が発生するまでは費用がかからないこと。

普通は登録料や月額料がかかりますが、もしもはこれがゼロ円。

まずはお試しで!というような気軽さで始められるのもグッドポイントです。

もしもA社
初期費用無料4万円
月額費用無料4万円
成果手数料成果報酬の30%成果報酬の30%

売れたときだけ報酬の3割を引かれる形

(1000円の商品を3%の利率で出した場合、1件売れたら30円の報酬をアフィリエイターに支払いますが、このときASP側が3割のせて広告主へ33円を請求します。)

たkる
たkる
Amazonや楽天は売上の何%という形で手数料がかかりますが、ASPだとアフィリ報酬の何%という形なので手数料が抑えられます。

あとはもしもでは登録がウェブ完結で、書類のやり取りが不要である(時間がかからない)なども利点です。

企業でなくとも、個人で麻雀グッズを作っている人とかにも良いかなと思います。

>>もしもアフィリエイト広告主案内ページへ

終わりに。麻雀アフィリエイトで稼ぎたい人はこちら。

ここまで簡単にではありますが、麻雀でアフィリエイト広告を出す場合の方法と、おすすめのASPについて解説してきました。

麻雀業界は知るべき人に届けばきっと売れる!みたいな商品はまだまだあると思っています。

ぜひアフィリエイト広告を出すことで狙った層にリーチしていきましょう。

最後に自サイトの宣伝です。弊サイトは麻雀グッズのレビューサイトとなります。月間PV数は10〜20万程度あり、麻雀グッズで集客したい企業様などにはご協力ができると考えています。

たkる
たkる
大体の商品をレビュー可能なのでASP登録を新たにした麻雀メーカーの方は、もしもに登録の上、ぜひ問い合わせフォームからご連絡いただけるとスムーズに対応できます。お気軽にお問い合わせください。

そんな感じ。ではまた。よい麻雀ライフを!

>>もしもアフィリエイト広告主案内ページへ
manetaizu
ゼロギャンブル時代の麻雀打ちが収入を得るおすすめ方法をまとめてみたMリーグがいよいよ開幕しますね。開幕日は2018年10月1日だそうです。 このMリーグも「ゼロギャンブル宣言」を打ち出していますが...
fintech
賭け麻雀の電子決済方法はFintechで変わる【個人間送金アプリおすすめまとめ!】最近仮想通貨とかFintechという言葉をよく聞くかと思います。FintechというのはITと金融の融合したサービスのこと。 日本...
jyanso-jyuden
充電スペースとしての雀荘の可能性について以前、「雀荘は昼間はカフェ営業するといいんじゃないだろうか。」という話を書いたことがあるんですが、それ以外にも雀荘は充電スポットとしての...