麻雀関連

打牌が遅いのは何故ダメなのか?どうすればいいのか問題

speed-of-dapai

打牌が遅いと何故いけないのか?

どんな打牌が遅いと怒られがちなのか?

打牌が遅い場合はどうすればいいのか?

といった点について解説していきます。

打牌が遅いのは仕方がない、初心者なら

まず前提ですが、初心者の打牌が遅いのはある種仕方がないことです。

初めから爆速で打っても上達はしません。

もしも初心者で打牌が遅いとイライラする上級者と同卓してしまった場合、それはリサーチ不足と人選ミスです。

仕方がないといえます。

しかし、初心者ではなくても遅い人は遅い。

どのくらいから打牌スピードが遅いと言われるのか

じゃあ、打牌が遅いってどのくらいから遅い扱いになるのか?

これは相対的な話になります。

タン、タン、タン、・・・・・・・・・・タン

とかなら4人目は完全に遅いです。

ただ、

・・・・・タン。・・・タン。・・・・・タン。・・・・・・タン。

くらいのペースならそんなに遅くもないです。

要はリズムが崩れるほどに遅いとなるので、リズムが崩れるほどに一人だけ遅い人がいれば、それはその卓の中で相対的に打牌が遅いと言えます。

打牌が遅いと何故悪いのか?

続いては打牌が遅いと何故怒られるのか?という話について解説します。

「別に自分のツモ番なんだからゆっくり考えて何がいけないのか」

と思う人もいるかもですが、これは以下の理由によります。

・他の3人の時間を奪っている

・時間効率あたりの麻雀効率を下げている

・均等な場代に対して不公平感が生じる

それぞれ解説していきます。

他の3人の時間を奪っている

待ち時間にあなたが10分遅れて3人を待たせたら合計30分が無駄になる。

そんなニュアンスです。

考えるならツモ番でない待ち時間に考えてくれ、という話になります。

時間効率あたりの麻雀効率を下げている

二つ目の理由は効率の面です。

麻雀はとかく時間がかかるゲーム。

そのためなんとか効率良く打てるようにと、ボードゲーム界では類を見ないほどの自動化がなされてなんとかたくさん打てるようにと工夫されています。

そんな中、打牌が遅い人がその効率化した時間を食いつぶせば、本末転倒。

せっかくのみんなの努力を無駄にする、そんなKYさが非難の的となります。

均等な場代に対して不公平感が生じる

3つ目は場代の不公平感です。

自宅で打つ場合はそうでもないかもですが、雀荘の場合はセットでは時間単位いくらという課金スタイルです。

なので1時間のうち例えば一人が30分間長考していたとしても値段は割り勘。

カラオケで連続3曲入れるようなそんなところが打牌が遅いことで生じます。

打牌スピードが遅くても許される場合と許されないケース

とは言え、打牌スピードが遅いからといって、必ず怒られるかといったらそうでもありません。

上級者であっても切羽詰まった場面とか、手が難しい場合などでは、長考をすることはあります。

ただ、じゃあいつでも許されるかと言えばそうではなくて、許される長考とそうでない長考があるのです。

その違いを以下で解説していきます。

1。許される長考

まずは許される長考です。

・切羽詰まったオーラスで点差が微妙な場面など

・急なリーチにより状況が変化したとき

・メンチンで多面張が予想されるとき

こんなときはちょっと失礼しますといって長考しても、まあそこまで目くじらを立てられることは少ないです。

tensahayami-top
オーラス用に「直撃、ツモ逆転点差早見一覧表」を作りました。攻防で使えます。麻雀における直撃、ツモでの逆転可能点差一覧を作りました。 オーラスのお供にどうぞ! オーラスにおいては逆転のための点数計算が大事...
麻雀で覚えるべき「待ち・多面張」まとめ麻雀において基礎となるような待ちをまとめていきます。 よろしくお願いいたします。 麻雀の基本の待ちは4種類 麻雀の待ちってごち...
清一色の上達におすすめな2つの方法【バンブー麻雀とメンチン何切る本】「あなたは清一色の待ちを何秒で見抜けますか?」 こう問いかけられたとき、あなたは何と答えるでしょうか。 「簡単なものなら5秒...

2。許されない長考

一方で許されない長考というのもあって、それは以下のような場合

・序盤での長考

・毎回長考

・そもそもツモのモーションが遅い

あとは、鳴きを入れた後に切る牌を長考するというのもギルティーです。

鳴くなら切る牌決めとけよ!という話になるからです。

打牌が遅い人はどうすればいいのか

上のてんは意識していはいるものの、それでも打牌スピードが人よりも遅いんだけどどうすればいいのか?

という人もいると思います。

そんな人におすすめなのが以下の3つの方法です。

・待ち時間に困るツモを考える

・ツモのモーションを洗練させる

・小手返しを行う

それぞれ説明します。

待ち時間に困るツモを考える

まず一つ目として、待ち時間にツモのパターンを考えておくというのは有効です。

極論で言えば34種類のツモしかないわけで、その全パターンをあらかじめ予測しておけばどんなツモが来てもノータイムで切れます。

実際にはそこまで全部考えなくとも、微妙なツモなんていくつかしかないと思うので、それを考えておくだけでだいぶ時間は短縮できます。

ツモのモーションを洗練させる

2つ目はツモのモーションを洗練させることです。

待っている側からしたら前の人の打牌が終わってから、あなたのツモ番が終わるまでの時間が待ち時間となります、。

自分としては手牌にきてから2秒くらいで切っているつもりでも、手牌に持ってくるまでに2秒、切るのに2秒かかっていたとしたら、計6秒です。

なので、より考える時間を長く取りたい場合には、ツモってくるスピード、切るときの牌のスピードを上げることで全体としての時間短縮が可能です。

具体的にはツモ牌を手牌の中に入れない、ツモ山に手を出すスピードを上げるなどが良いかなと思います。

小手返しを行う

3つ目はこれは心理的な話になるのですが、小手返しを行いながら考えるというのも一つの手です。

同じ時間を長考している場合でも腕組みして「う~ん」とやっていると待っている側はかなり長く感じます。

一方で、右端の牌をくるくるしながら考えているとそちらい注意が行くのでちょっとだけ短く感じます。

パソコンとかゲームでもロード中に何かがくるくる回っているエフェクトが出ることがありますが、これも一種の待ち時間短縮効果を狙ったものなのかなと思います。

小手返しのやり方!順回転と逆回転と応用技まで麻雀の技の一つに小手返しというものがあります。 小手返しというのは主にツモ切りをごまかすための技で、あまりマナーがよくないとされて...

終わりに

ここまで待ち時間と打牌スピードの上げ方のコツを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

まあ、無理に早く打つ必要はないかなと思いますが、遅いよりは速い方がいいかなとも思います。

時間がなくて対局を早めなくてはならない時とかもあるかと思いますので、ぜひスピードアップを心がけていきましょう。

ではまた。良い麻雀ライフを!

tubamegaeshi
打牌スピードを上げるための3つのコツ!早打ち雀士になる方法麻雀を始めたばかりの人にありがちな悩みの一つに打牌スピードが遅い!というものがあります。 今日は打つのが遅いとどんなデメリットがあ...
鳴きのスピードUPには「ドブル (Dobble)」がオススメ!注意:この記事は鳴きによる聴牌速度のスピードを上げるという話でなく、物理的にポンとかチーの発声速度を上げていこうという内容になります。 ...
鳴き麻雀のカッコよさ!大いなる1000点で相手の心を折れ!鳴き麻雀派のたkるです。 今日は鳴き麻雀の魅力とかカッコよさをお伝えしていきたいと思います。 1000点を最速で上がる方法の...