2-1.麻雀本・漫画

勉強になる麻雀小説おすすめまとめ

麻雀を学ぶ書物というと、漫画麻雀と戦術本という2つが王道です。

しかし、実はそれだけではありません

麻雀小説という分野があるからです。

麻雀小説では、戦術書ほど堅苦しくはなく、しかし麻雀漫画よりは詳細にまーじゃんのルールやコツを教えてくれます

心理描写を踏まえたうえでの打牌という点では、小説がもっとも効率的な感じがありますね。

今日は、そんな小説のオススメをまとめていこうかなと思います。

広告

麻雀小説って何?戦術本と何が違うのか

麻雀小説とは、その名の通り麻雀に関する物語が展開するフィクション物語になります。

戦術本とはまた違った臨場感や心の動きなどを感じ取れるため、実力アップにも有効です。

麻雀漫画、戦術書、小説、それぞれの特徴を簡単にまとめました。

麻雀漫画

麻雀漫画の特徴は何といっても勢いがあること。

nodeath-manga-top

文章が主体の戦術書や小説では、文字が読めなかったり、麻雀のルールを全く知らない人にその面白さを伝えることは困難です。

しかしマンガであれば絵と効果音などを用いることでそれが可能となります。

実際、『咲』という漫画は麻雀漫画でありつつも、読者の中には麻雀のルールを知らない人も多いといいます。

そのようなわかりやすさが漫画の魅力です。

ガチで勉強になるオススメ麻雀漫画3選【初心者がルールを覚えて中級者になるまで】麻雀漫画はピンキリです。 一概に麻雀漫画といっても、やくざもの、美少女もの、人間ドラマ、ゾンビ、バトル漫画などジャンルは多岐にわた...
nodeath-manga-top
危険度で選ぶ!人が死なない麻雀漫画おすすめまとめ麻雀漫画の中ではヤクザ、ギャンブル、デスゲームなどが描かれがちです。 となると、麻雀が好きで純粋に麻雀の勉強のために漫画を読みたい...

戦術書

続いては戦術書です。

麻雀の戦術書はプロ雀士を中心に数多く出版されており、ルールを説明したものから戦い方や心構えを説明したものまで幅広い内容があります。

戦術書の特徴は、麻雀の上達に必要となるエッセンスが効率よく詰め込まれていること。

立体何切るなどを駆使して視覚的にもわかりやすく、コツを教えてくれます。

majyanhon-matome
【8ジャンルに分類】麻雀本おすすめレビュー59選!さらに激選の18冊は必見!麻雀を強くなろうとしたときに麻雀の戦術書を読むというアプローチは有効です。 とはいえ「本屋に行くといろいろな麻雀本があってよくわからな...

麻雀小説

で、この麻雀漫画と麻雀戦術書のいいとこどりをしたような位置に麻雀小説は存在しています。

majyan-horoki

小説という形式上、心理描写などは読者に伝えやすく、かつ漫画よりも細かい内容を伝えることができるのが特徴。

戦術書特有の途中から飽きてくるような感じは、作者の力量次第ですが小説では起こりにくくなります

また、積み込みなどのイカサマを解説する本は麻雀小説が多く、イカサマ技について学びたい人は麻雀小説がオススメです。

麻雀におけるイカサマの全技術【手積みでカモにならない基礎知識!】麻雀におけるイカサマ技を紹介していきます。 ジョーク技として身につけたい人や相手に使われた時に見抜ける力をつけておきたい人は参考に...

勉強になる麻雀小説オススメ3選

ではここから実際にこれはテッパン!と思うオススメの麻雀小説を紹介していきたいと思います。

それぞれ見ていきましょう!

『麻雀放浪記』阿佐田哲也

まず麻雀小説界には、「麻雀小説ならこの人だけ読んでおけば間違いない」といわれるほどに圧倒的に有名な小説家がいます。

それが雀聖・阿佐田哲也さんです。

majyan-horoki

阿佐田哲也さんの活躍した時期は太平洋戦争後の混乱期で、その混沌とした時代を博打で生き抜いた経験を基にした自伝的小説『麻雀放浪記』は中でも評価が高い作品。

積み込みの方法鉄火場での立ち回り方など、現代ではなかなか学ぶ機会のないノウハウを数多く体得することができます。

たkる
たkる
1〜4巻構成ですが、第1巻青春編は少なくとも必読!

ちなみにギャンブル系の小説は阿佐田哲也のペンネームで、純文学系は色川武大のペンネームで書き分けています

あと、麻雀放浪記のキャラが一部登場する「ドサ健博打地獄」などもおすすめ。

created by Rinker
¥455
(2020/08/11 07:02:00時点 Amazon調べ-詳細)

麻雀放浪記は色々リメイクされて、映画とか漫画とかがあるのでそちらもどうぞ!

mahjong-hourouki-new
阿佐田哲也の麻雀放浪記には続編があるのをご存知ですか?坊や哲こと阿佐田哲也。作家であり生粋のギャンブル好きでもある著者は、数々の麻雀に関する著作を残しています。 中でも代表作の『麻雀放...

『病葉流れて』(白川道)

続いては、白川道の『病葉流れて』です。

byouhanagarete

こちらもかなり有名な一冊となります。

大学1年生の梨田は麻雀を覚えてフリーで雀荘通いを始め、猛者との戦いの中でギャンブルにのめり込んでいくという内容です。

麻雀打ちでない白川ファンからは麻雀の部分が詳しすぎてよくわからない、と不評ですが、麻雀打ちならむしろメリットですね。

逆にきっと楽しめるはずと期待してしまいます。

なお、雰囲気はやや暗め(純文学寄り)です。

created by Rinker
¥755
(2020/08/10 19:00:26時点 Amazon調べ-詳細)

続編は別サイトですが以下の記事にまとめました↓

伊坂幸太郎『砂漠』

最後は、人気エンターテインメント系小説家として有名な伊坂幸太郎の『砂漠』です。

sabaku-novel

こちらは青春系麻雀小説となります。

大学生の男女5人が麻雀をしたりミステリーを解いたりと、いろいろなことをしながら成長していきます。

爽やかな麻雀小説が読みたい人にオススメ

created by Rinker
¥869
(2020/08/11 08:04:03時点 Amazon調べ-詳細)

麻雀小説を書きたい人に向けてのコツ

麻雀小説を書こうとした際に苦労するのが牌姿の表現です。

『麻雀放浪記』では牌の模様を再現した絵文字を採用してことで有名ですが、一般の変換ではなかなか牌の絵柄は出てきません

そこでオススメなのが、簡略化した牌の表現です。

代表的なものは以下の2つがあるのでそれぞれ簡単に紹介したいと思います。

1.数字、漢数字、丸数字で表す方法

一つ目の方法としては、数字、漢数字、そして丸の中に数字のある文字の3種を使うやり方。

それぞれの色は、

  • 萬子・・・漢数字
  • 筒子・・・丸数字
  • ソウズ・・・数字

となります。

具体的な例を挙げると以下のようになります。

12389①②③一二三白白

これはソウズの辺7ソウ待ちのチャンタ三色の聴牌系を示しています。

このやり方は萬子、筒子、ソウズがなんとなくイメージを掴みやすいので、簡単な視覚的にはさまになるのが利点です。

2.mspであらわす方法

二つ目の方法は、数字はすべてそのままでmspという記号を用いることで牌勢を表現する方法です。

この方法では、萬子はm、筒子はp、ソウズはsというようにそれぞれの頭文字を取り、以下のように表現します。

123m12389s123p白白

m、s、pというそれぞれの記号よりも左側の牌がそれぞれの色の牌になります。

このやり方のメリットはとにかく簡略なこと。

変換が面倒な携帯画面などでもささっとメモすることができます。

一方でデメリットは、リー牌を崩せないということ。

同じ色の牌はすべて同じエリアに固めなくてはならないため、リー牌をぐちゃぐちゃにするネタなどを書きたいときにはこの方法は不適となります。

終わりに!麻雀小説は意外と読んでいない人も多いのでライバルに差をつけるチャンス!是非読もう!

ここまで麻雀小説のオススメと書き方のコツについてまとめましたがいかがだったでしょうか。

麻雀小説は数が少ないものの名作揃いなので麻雀好きで読書好きな方はぜひ読んでみてください。

きっと新たな知見を得られるはずです。

特に麻雀放浪記は、読んでいないとモグリといわれるほど有名な本です。

まだ読んでない方はこの機に読んでみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です