5-1.業界最新情報

Mリーガーのプロ段位まとめ!前評判と結果の法則

麻雀における永遠の課題の一つに短期決戦で実力が測れるかどうか、というものがあります。

400戦以下の対局数では、実力差は出ないとも言われています。

ただ、実際はそれより少ない対局数でも実力差が出てくるような感じもします。

まあ、この問題に答えはないかと思いますが、今日は参考値として、Mリーガーたちのプロ段位とMリーグの結果を比べてみましょう。

この記事の著者
たkる

麻雀用品レビューブロガー

たkる

プロフィール

麻雀グッズが好きすぎて麻雀用品サイトを作りました。麻雀グッズをさらに広める活動をしています。
麻雀牌、マット、卓の用品レビュー、本、漫画、グッズの関連商品も詳しいです。用品選びに迷ったらなんでも聞いてください
プロフィール詳細

広告

Mリーグは最高40試合の短期決戦

2018年10月から始まったMリーグ。

1チーム3人の団体戦で、計7チームで勝敗を競います。

このMリーグの特徴は対局数が少ないということ。

レギュラーシーズンは10月から2月までの5か月間ですが、対局数はチームで80半荘。これを3人で割るので、1人当たりは平均27試合くらい。

どんなに多く出場した場合でも上限は40試合と定められています。

この短期決戦のMリーグにおいて、上位プロたちは前評判通り結果を残せたのかは個人的にかなり気になるところでした。

Mリーガーの所属段位(リーグ)まとめ

続いて、Mリーガー21人の所属段位をまとめていきます。

Mリーグは麻雀プロ5団体から選手が選ばれているので、一概に比較はできないですが、まあ参考程度に見ていきましょう。

麻将連合とRMUは段位制度がないみたいなので、あまり参考にならず、かつ萩原聖人さんもプロ登録したばかりでリーグに参加していなかったり、と色々と既に前提が崩れつつありますが、気を取り直してMリーグの結果を見ていきましょう。

…あんまり傾向は見えてきませんね笑

結論:Mリーグの結果と通常のプロリーグの結果はあまり関係ない

まとめ始めてしばらくして、あ、これ相関なくね?と思いつつも一応最後までまとめました。

で、やっぱりあまり何も見えてきませんでしたw

まあ、Mリーグは団体戦だし、一日一試合とかだし、審判いるしで、色々リーグ戦とは違うということでしょうか。

と、お茶を濁して終わる。

ちなみに情報については、以下を参照させていただいております。

段位:キンマ付録「麻雀プロ選手名鑑2019」

結果:Mリーグ結果速報(非公式)さんhttps://twitter.com/mleague_results

取材系読みもの記事のおすすめ

当サイトでは、面白いサービスや経営をしている雀荘、麻雀関連団体をたまに取材しています。

取材系記事はかなり気合を入れて書いてるのでよければ読んでいってください。

bellbird-top
初心者におすすめのフリー雀荘・ベルバードさんで経営のコツを聞いてきた!施策やグッズ、イベント運営等 ◆パッと行くリンク 初心者向けの殿堂ベルバードについて ベルバードさんの初心者向けの工夫 ベルバードさ...
zentsu-top
[若すぎる]麻雀サークルZENTSUとは?西東京(吉祥寺)拠点で土日セットを開催!新橋もあり 麻雀サークル・ZENTSU(ゼンツ)さんについて紹介します。 2021年創部の比較的新しい麻雀サークルですが、すでに会員数...
okadapro-blog-top
全自動麻雀卓修理の専門家・岡田智和プロの作業場に潜入してきた!【訪問記事】 本記事では麻雀卓に詳しい麻雀プロ・岡田智和氏を取材した内容になります。 麻雀卓クラスタ(全自動麻雀卓が好きな人たち)の...
himajyan-top2
評判のセット麻雀サークル「ひま雀さん」に行ってきた!プライベートサロン(雀荘)あり! 東京の御徒町を拠点にする会員数500人規模の麻雀サークル「ひま雀(じゃん)」さんへ取材に行ってきました。 結論としては、 ...
asamisan-keireki-kanzenban
【学生必見!】麻雀を活かした仕事に就職する方法(高卒ノースキルからメーカーへ転職した浅見さんの場合) 本記事では麻雀を活かした仕事に就きたいと考える人に向けてキャリア形成の方法を紹介する内容です。 ***...
関連コンテンツ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。