麻雀関連

Mリーググッズを入手する方法は会員登録!推しチームにコミットせよ

Mリーググッズの入手方法について解説していきます。

ポイントとなるのはサポートチームのグッズしか買えないという鉄の掟です!

では、始めていきます。

Mリーググッズでサポーターとしての格を高めよ!

Mリーググッズとは何か、という話から始めていきます。

Mリーググッズというのは、2018年10月から開始されたプロ団体統合の麻雀大会・Mリーグのオフィシャルグッズを指します。

選手の着ているユニフォームとかMリーグステッカーとか、ファンならぜひ入手しておきたいアイテムが色々あってかなりアツイです。

元々はパブリックビューイングだけの限定販売だったのが、人気すぎて会場に入りきれずグッズだけ買いたいという人のために、会場でのグッズオンリー制度が作られ、そして最近オンラインショップが開設された!というのがこれまでの流れとなります。

Mリーググッズを入手するには特定チームの有料会員になる必要あり

では続いて、このMリーググッズを入手する方法について紹介していきます。

Mリーググッズを入手するためには、Mリーグの公式サイトから有料会員(オフィシャルサポーター)に登録する必要があります。

有料会員の値段としては、入会費無料の年会費6500円!

今後は入会費が出てくるかもしれないので、どうせ入る予定!という人は早めの登録がよいかもです。

で、この有料会員になると、オフィシャルグッズの購入が行えるようになるほか、以下の権利を得ることができます。

・パブリックビューイングの割り引き(4000円→2000円に割り引き)

・限定メルマガの配信

・シリアルナンバー入り会員カードの発行

・入会特典グッズの進呈(チームタオル)

・サポーター限定イベントへの招待

かなり魅力的ですね。

選ぶ前の注意点!別チームのグッズは閲覧のみ

ちなみにこの有料会員制度ですが、一つだけ注意点があります。

それは、一つのチームのサポーターにしかなれない!ということです。

これは単にプライド的な問題だけでなく、オフィシャルグッズの購入にも関わってきます。

というのも、Mリーグオンラインショップでは、基本的に購入ができる商品は、自分が選んだチームのモノのみとなります。

なので、例えば赤坂ドリブンズのサポーターが、チーム雷電のユニフォームを購入することはできませんし、U-NEXTパイレーツのファンイベントに参加することもできません。

この選択は非常に重要となるので、ぜひよく吟味してから推しチームを決めるようにしましょう。

どうしても2チーム以上のファンになりたい人は金で解決!

ちなみに、どうしても2チーム以上のファンになりたい!という人は、それぞれのチームの会員に登録することが可能みたいです。

ただし、その場合はそれぞれ別で入会金がかかるので全チームのサポーターになると、年間6500×7=45500円がかかります。

(もし全チームのサポーターになった場合、毎日違うチームのユニフォームを着て雀荘に登場!というようなメリットを享受できる)

終わりに

ここまでMリーググッズの入手方法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

Mリーググッズはかなり魅力的なものが多いので、ファンの方はぜひ登録しておきましょう。

きっとよりMリーグが楽しくなるはずです。

ではまた。良い麻雀ライフを。