5-1.業界最新情報

[店舗なし]Mリーググッズを入手する方法はサポーター会員登録のみ!推しチームにユニフォームせよ

msupporter

Mリーググッズの入手方法について解説していきます。

ポイントとなるのはサポートチームのグッズしか買えないという鉄の掟です!そしてサポーターとなれるのはチーム単位・・!つまり選択が重要です。

店舗販売などはないです。公式サポーター限定。

では、始めていきます。

この記事の著者
たkる

麻雀用品レビューブロガー

たkる

プロフィール

麻雀グッズが好きすぎて麻雀用品サイトを作りました。麻雀グッズをさらに広める活動をしています。
麻雀牌、マット、卓の用品レビュー、本、漫画、グッズの関連商品も詳しいです。用品選びに迷ったらなんでも聞いてください
プロフィール詳細

広告

Mリーググッズとは?サポーターのみが入手できるアイテムです。

mleague-sumaforing

Mリーググッズとは何か、という話から始めていきます。

Mリーググッズというのは、2018年10月から開始されたプロ団体統合の麻雀大会・Mリーグのオフィシャルグッズを指します。

選手の着ているユニフォームとかMリーグステッカーとか、ファンならぜひ入手しておきたいアイテムが色々あってかなりアツイです。

元々はパブリックビューイングだけの限定販売だったのが、人気すぎて会場に入りきれずグッズだけ買いたいという人のために、会場でのグッズオンリー制度が作られ、そして最近オンラインショップが開設された!というのがこれまでの流れとなります。

Mリーググッズを入手する方法。特定チームの有料会員になる必要あり

msupporter

では続いて、このMリーググッズを入手する方法について紹介していきます。

Mリーググッズを入手するためには、Mリーグの公式サイトから有料会員(オフィシャルサポーター)に登録する必要があります。

有料会員の値段としては、入会費無料の年会費6500円

今後は入会費が出てくるかもしれないので、どうせ入る予定!という人は早めの登録がよいかもです。

で、この有料会員になると、オフィシャルグッズの購入が行えるようになるほか、以下の権利を得ることができます。

  • パブリックビューイングの割り引き(4000円→2000円に割り引き)
  • 限定メルマガの配信
  • シリアルナンバー入り会員カードの発行
  • 入会特典グッズの進呈(チームタオル)
  • サポーター限定イベントへの招待

かなり魅力的ですね。

サポートチームを選ぶ前の注意点!別チームのグッズは閲覧のみ

mleague-twitter

ちなみにこの有料会員制度ですが、一つだけ注意点があります。

それは、1つの登録料では1チームのサポーターにしかなれない!ということです。

これは単にプライド的な問題だけでなく、オフィシャルグッズの購入にも関わってきます。

というのも、Mリーグオンラインショップでは、基本的に購入ができる商品は、自分が選んだチームのモノのみとなります。

なので、例えば赤坂ドリブンズのサポーターが、チーム雷電のユニフォームを購入することはできませんし、U-NEXTパイレーツのファンイベントに参加することもできません。

この選択は非常に重要となるので、ぜひよく吟味してから推しチームを決めるようにしましょう。

たkる
たkる
誰がどのチームかわからなくなってしまった!という人は以下のTwitterアカウント付き一覧記事で確認しましょう!

どうしても2チーム以上のサポーター会員に登録したい人は金で解決!

ちなみに、どうしても2チーム以上のファンになりたい!という人は、それぞれのチームの会員に登録することが可能みたいです。

ただし、その場合はそれぞれ別で入会金がかかるので全チームのサポーターになると、年間6500×7=45500円がかかります。

(もし全チームのサポーターになった場合、毎日違うチームのユニフォームを着て雀荘に登場!というようなメリットを享受できる)

Mリーググッズ一覧。おすすめはスマホリング(3000円)

mleague-sumaforing

ちなみにMリーググッズはユニフォームとかクリアファイルとかめっちゃいっぱいあるんですが、まず何から買えばいいか?と言うと個人的にはスマホリングが良いと思っています。

他のグッズ(例えばユニフォームなど)は、Mリーグファンとしては熱いですが、麻雀色が強すぎて日常では使いにくい・・。

なのでまずは日常でも使えてちらっとだけMリーグ感を出しているスマホリングが良いのではないかなと思っています。

その他の主なグッズ

◆Mリーグ全体のグッズ

  • ステッカー(400円)
  • 缶バッチ(700円)
  • クリアファイル(700円)
  • 水4本セット(1200円)
  • アイリング(3000円)★後述します
  • パスケース(3000円)
  • スマホケース(iphoneX用)(3800円)
  • パーカー(8000円)

◆各チームのグッズ

  • バルーン(400円)
  • うちわ(700円)
  • スマホケース(3500円)
  • クッション(4800円)
  • Tシャツ(5400円)
  • ユニフォーム(10000円)

終わりに

ここまでMリーググッズの入手方法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

Mリーググッズはかなり魅力的なものが多いので、ファンの方はぜひ登録しておきましょう。

きっとよりMリーグが楽しくなるはずです。

ではまた。良い麻雀ライフを。

取材に行ってきました系!

当サイトでは、面白いサービスや経営をしている雀荘、麻雀関連団体をたまに取材しています。

取材系記事はかなり気合を入れて書いてるのでよければ読んでいってください。

bellbird-top
初心者におすすめのフリー雀荘・ベルバードさんで経営のコツを聞いてきた!施策やグッズ、イベント運営等 ◆パッと行くリンク 初心者向けの殿堂ベルバードについて ベルバードさんの初心者向けの工夫 ベルバードさ...
zentsu-top
[若すぎる]麻雀サークルZENTSUとは?西東京(吉祥寺)拠点で土日セットを開催!新橋もあり 麻雀サークル・ZENTSU(ゼンツ)さんについて紹介します。 2021年創部の比較的新しい麻雀サークルですが、すでに会員数...
okadapro-blog-top
全自動麻雀卓修理の専門家・岡田智和プロの作業場に潜入してきた!【訪問記事】 本記事では麻雀卓に詳しい麻雀プロ・岡田智和氏を取材した内容になります。 麻雀卓クラスタ(全自動麻雀卓が好きな人たち)の...
himajyan-top2
評判のセット麻雀サークル「ひま雀さん」に行ってきた!プライベートサロン(雀荘)あり! 東京の御徒町を拠点にする会員数500人規模の麻雀サークル「ひま雀(じゃん)」さんへ取材に行ってきました。 結論としては、 ...
asamisan-keireki-kanzenban
【学生必見!】麻雀を活かした仕事に就職する方法(高卒ノースキルからメーカーへ転職した浅見さんの場合) 本記事では麻雀を活かした仕事に就きたいと考える人に向けてキャリア形成の方法を紹介する内容です。 ***...
関連コンテンツ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。