麻雀関連

Mリーグの放送時間と見逃した場合の対処方法

2018年10月から始まったMリーグ。

麻雀打ちなら知らない人はモグリと言われてもおかしくないほどホットな話題ですが、肝心の試合を見たことがないという方は実は多いのではないでしょうか。

テレビをつけてもやっていないというのは確かにその通りで、地上波放送はありません。

Mリーグの試合ですが、すべてAbemaTVにて放送されているのです。

今日は、Mリーグの視聴方法と見逃してしまった場合の対処方法について紹介していきたいと思います。

Mリーグの放送局はAbemaTV

Mリーグの試合は全試合AbemaTVにて放送予定となっています。

このAbemaTVですが、リアルタイムで見る場合には基本的には無料で、Mリーグの試合も登録なしでそのまま見ることができます。

見方としては、Googleで「AbemaTV Mリーグ」とかで検索して一番上に出てきたAbemaTVのページをクリックするか、あるいは、以下のリンクからAbemaTVのサイトに飛び、サイト内検索を用いてMリーグの試合に到達していきます。

◆AbemaTV

https://abema.tv

このやり方で重要となるのは、放送時間です。

基本的にはテレビと同じで、リアルタイムで番組が放送されているので、きっちり時間を合わせてAbemaTVのサイトに入る必要があります。

Mリーグの曜日と放送時間

では、肝心のMリーグの放送時間は何曜日の何時からなのか、という話ですが、日程は以下のようになっています。

◆Mリーグの放送時間

10月~2月:毎週月・火・木・金曜日 19時~

3月(優勝決定戦):毎週土・日曜日 19時~

10月~2月がレギュラーシーズンで、上位4チームのみで3月にクライマックスシリーズを行うイメージです。

放送時間に関しては、一日2半荘という半荘での制限があるため、その日の試合内容によって前後します。

例えばもしも、スピーディな打ち手が集まりかなりハイペースで試合が進めば、2半荘が計1時間くらいで終わることもあるでしょうし、逆に親が大連荘をしたり、流局が続いたり、長考が多かったりすると試合時間は伸びがちです。

ちなみにMリーグにはトビ終了のルールはないので、東一局で役満を和了したとしても、その日の対局がそこで終了ということにはなりません。

Mリーグを見逃した場合の対処

とはいえ、月、火、木曜日というのは仕事が忙しい人であれば、基本的には残業があるよ、という人も多いでしょうし、金曜日は華金で麻雀を打ちに行くから見られないぜ、という人もいるでしょう。

そんなときはその対局を見ることはもう絶対に叶わないのか!

というとそうでもありません。

過去のAbemaTVの放送を見ることも可能です。

ただし、それにはプレミアム会員登録が必要となります。

登録の仕方としては、AbemaTV上で過去の放送を見ようとすると、以下のような感じでプレミアム登録が必要と言われるので、「まずは\0トライアル」をクリックして会員登録をすればOKです。

ここに書かれているように最初の1か月間はトライアルとなるので、興味がある人はまずははじめてみるのもありかもしれませんね。

ちなみに、AbemaTVに登録するとMリーグ以外にも29チャンネルすべてで過去放送が視聴できます。

AbemaTVの番組はすべて著作権を取っており、著作権違反で無断で配信されている番組がないというのがウリの一つなので、他では見られない番組ばかりなのも魅力です。

マージャンチャンネルもあります。

終わりに

Mリーグは雀士のたしなみとして、少なくとも月一くらいでは見ておきたいもの。

月、火、木、金曜日に早く帰れた日はぜひAbemaTVをつけて、Mリーグを観戦していきましょう!

単調になりがちな麻雀ゲームを「割れ目」でインフレさせるmaru-jan!

麻雀ゲームは技術上達や暇つぶしに有効な手段ですが、やはりリアル麻雀に比べると単調になりがちなもの・・・!

そう思っている人は多いのではないでしょうか。

そんな方に朗報です!麻雀ゲームのmaru-janではなんと超インフレルールである「割れ目」を楽しむことができるんです。

オンライン麻雀 Maru-Jan

如何にゲームといえど、割れ目ともなれば点数は2倍でデンジャラスなので、気をぬく暇はありません!

普通の麻雀ゲームには飽き飽きしていたんだよ・・・という人はぜひmaru-janをプレイしてみてはいかがでしょうか。

>>オンライン麻雀Maru-Jan をプレイする!