麻雀関連

全自動麻雀枠製造会社レディオシステムとは何か?

rediosystem

麻雀グッズ製造メーカーというのは意外に少ない寡占市場となっています。

特に全自動卓の作成に関しては、高い技術力を要することもあり、国内で製作を行っている会社が3つくらいしかないです。

そして現在、全自動麻雀卓は作っていないものの全自動麻雀卓には欠かせない「あるもの」を作っている会社もあります。

それがレディオシステム

この会社は高級全自動麻雀卓に欠かせない点数表示機能を作るトップメーカーなのです。

今日は、このレディオシステムについて紹介していきます。

レディオシステムってどんな会社?

rediosystem

まずはレディオシステムとはどのような会社なのかの概要を紹介します。

レディオシステムは、麻雀店新規開業支援や麻雀教室事業、そして麻雀卓などを販売するマツオカ株式会社の開発製造部門が分離独立した会社となります。(2006年創業スタート)

で、マツオカ時代に開発した業界初のICチップ搭載点棒RADIOの技術を引き継ぎ、その後は2012年にさらに進化したICチップ搭載点棒Eagerを作成、2016年にはアモスレックスを手がける大洋化学とコラボし、Eager2を発売したりしています。

さらに最近では、点棒のやりとりを完全にデジタル化した「デジタル持ち点表示枠・デジテンボウ」を2019年に発売。

サンコーレアモノショップから10万円以下で点数表示機能をつけた全自動麻雀卓が発売され、話題となっています。

これ↓

レディオシステムが作っている麻雀枠について

というのがレディオシステムの沿革です。

以下ではそんなレディオシステムが手がける麻雀枠たちをもう少し詳しく紹介していきます。

具体的には以下の2つを取り上げます。

・Eager2

・デジテンボウ

・最高級点棒表示機能枠「Eager2」

まずはEager2です。

Eager2は狭義の意味ではこの枠の部分だけ、広義の意味だとこの枠を搭載した全自動麻雀卓全般を指します。

↓狭義の意味でのEager2

eager2-hontai

↓広義の意味でのEager2

eager2-color

で、ここでは広義の意味でのEager2について簡単に触れますが、値段は80万円程度、自動配牌あり、点数表示機能ありの最高級全自動卓となっています。

詳しい話は以下に書いたので参照いただきたいのですが、最高級全自動卓といえば、2019年現在ではAMOSRexxか、このEager2のどちらか!というような二大巨頭の一つです。

eager2-color
レビュー・Eager2(イーガー)!最高級全自動麻雀卓2大巨頭の一つ、その真髄とは?アモスレックス2と双璧を成す全自動麻雀卓界の2大巨頭の一つ、Eager2。 流線型でシャープなフォルムとアクセントの効いた色合いで...

・デジテンボウ

続いては2019年に発表されたデジテンボウです。

こちらは非常に斬新なスタイルで、点棒というものを省いた構成になっています。

どういうことかというと、画面表示されたデジタルな点棒が全てで、実在の点棒は用いないんです。

じゃあ、どうやってやり取りするのか、といえば右についているボタンをぽちぽちやって点棒のやり取りを行います

新しすぎて使い心地はまだいまいちわかっていないんですが、点棒を投げて渡すようなマナー違反はこの卓が普及したら消えそうですね!

そんな感じの次世代な概念の麻雀枠です。

で、冒頭でも紹介しましたが、このデジテンボウ枠を採用した全自動卓としてはサンコーレアモノショップから発売中の卓があります。

 

そしてそれ以外に、デジテンボウをDIYして自分ちの手動卓に取り付けられるキットも販売されています。

DIYで全自動点数表示卓を作りたい人は要チェック!

終わりに

ここまでレディオシステムという会社と代表的な商品について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

全自動麻雀卓の枠を作る、というニッチな分野ですが、その業界ではナンバーワンの、知る人ぞ知るトップランナーです。

麻雀就活や麻雀転職をお考えの方はぜひチェックしていきましょう!

ではまた。良い麻雀ライフを!

国内シェアトップ!大洋技研の麻雀牌4種類の違い!国産牌の選び方!国内シェアナンバーワンの麻雀牌・麻雀卓製造企業である大洋化学。 その大洋科学からは麻雀牌として、MONSTER(モンスター)、GA...
ma-jan_maker
国産麻雀牌製造メーカーまとめ!安心と信頼の会社はどれだ?麻雀牌は流通量こそ多いけれど、作っている会社はそんなに多くありません。 現在では、主に量販店で出回っているのは大洋化学、マルハン産...
全自動麻雀卓おすすめまとめ【価格別全10種・家庭用から業務用まで~】価格別におすすめの全自動麻雀卓をまとめていきたいと思います。 価格帯としては10万円以下、20万円以下、50万円以下、50万円以上...
単調になりがちな麻雀ゲームを「割れ目」でインフレさせるmaru-jan!

麻雀ゲームは技術上達や暇つぶしに有効な手段ですが、やはりリアル麻雀に比べると単調になりがちなもの・・・!

そう思っている人は多いのではないでしょうか。

そんな方に朗報です!麻雀ゲームのmaru-janではなんと超インフレルールである「割れ目」を楽しむことができるんです。

オンライン麻雀 Maru-Jan

如何にゲームといえど、割れ目ともなれば点数は2倍でデンジャラスなので、気をぬく暇はありません!

普通の麻雀ゲームには飽き飽きしていたんだよ・・・という人はぜひmaru-janをプレイしてみてはいかがでしょうか。

>>オンライン麻雀Maru-Jan をプレイする!