2翻役

1/2ページ

深海に潜む四暗刻(スーアンコー)か浅瀬に浮き出た三暗刻か問題

麻雀役の一つである四暗刻(スーアンコウ) もっとも出やすい役満の一つとしても知られている役ですね。 このスーアンコウで難しいのはツモり四暗刻の場合に、出和了三暗刻にするかどうかの問題。 今日は、この四暗刻、三暗刻問題について考えてい […]

ウナギのようにすり抜ける麻雀役三色同順のアガリ方

麻雀役に三色(サンショク)と呼ばれる役があります。 厳密には三色同順と三色同刻の2種類がありますが、大抵は三色同順なので、単に三色といった場合は三色同順のほうを指します。 今日は、この三色という役についてお話ししていきたいと思います […]

チャンタに絡む牌はタンヤオよりも多い

すべての面子やアタマに必ず1か9か字牌のいずれかを含まねばならないという麻雀役チャンタ。 この1、9、字牌のことをヤオチュー牌と呼び、チャンタはすべての面子と頭にヤオチュー牌を使っているのが特徴となります。 どうしようもないクズ配牌 […]

報われない麻雀役三色同刻(サンショクドウコウ)の意味や使い方

麻雀役の一つである三色同刻(サンショクドウコウ)。 同じ数字の刻子(3枚同じ牌を集めた1セット)を、萬子、筒子、ソウズでそれぞれ集めるという非常にわかりやすい役です。 しかし、言うは易く行うは難しといった感じで、狙って見ると意外と難 […]

麻雀役「小三元」の点数の数え方!スモールドラゴンは諸説ある

麻雀役の一つである「小三元」。 白、撥、中の三元牌のうち2種類をメンツに、残りの1種類をトイツにすることで成立する役です。 ちなみに、英語ではリトルドラゴンと呼ばれます。(大三元はビッグドラゴン) この小三元ですが、読む本によって2 […]

渋い麻雀役「三暗刻(サンアンコウ)」の意味や使い方

麻雀用品研究所のたけるです。 今回は、引き続き麻雀役の説明シリーズ、今日のテーマは麻雀役の「三暗刻(サンアンコウ)」です。 四暗刻が崩れた形でのトイトイ三暗刻の複合系が多いですが、三暗刻単体の5200とかも稀にあります。 個人的に、 […]

不安定な麻雀役「三槓子」の意味や使い方について

麻雀役の一つに三槓子という役があります。 3回カンをしたら成立するという役で、もう一つカンをすると役満である四槓子に進化します。 しかし一夫で4回目のカンを他の人にされてしまうと流局してしまうという非常に不安定な役でもあります。 今 […]

何度ダブル立直をしたら天和を和了できるのか?麻雀役の確率の話

麻雀役の一つであるダブル立直(リーチ)。 1巡目でリーチを掛けることで成立する偶然役で、夢の役満である天和、地和にもっとも近い役でもあります。略してダブリーとも言います。 「でも実際、天和とダブル立直はどのくらいの距離があるのか?」 […]

七対子(チートイツ)とリャンペーコー!複合しない2つの麻雀役の関係性

麻雀役はいろいろありますが、中でも例外的なものといえばやはり七対子(チートイツ)が挙げられるのではないかなと思います。 麻雀役は基本的には、4つの面子と1つの頭で和了形が構成されます。しかしチートイツと国士無双の2役だけは、例外的な […]

麻雀役対々和(トイトイホー)についてまとめよう!

麻雀役の一つである対々和(トイトイホー)。 同じ絵柄の牌を3つずつ4セット集めるという非常にシンプルな役ですが、実は意外と奥が深いです。 覚えやすいので初心者にも人気ですが、トイトイを和了すると符計算が煩雑となるので中級者くらいにな […]