ルール

【麻雀役解説・七対子(チートイツ)】リャンペーコーと複合しない理由や関係性について

麻雀役はいろいろありますが、中でも例外的なものといえばやはり七対子(チートイツ)が挙げられるのではないかなと思います。

麻雀役は基本的には、4つの面子と1つの頭で和了形が構成されます。しかしチートイツと国士無双の2役だけは、例外的な構成をとります。

七対子はなんと2つずつのペアが7つ。完全に掟破りです笑

しかし面子手の中にもチートイツに近い役として、リャンペーコーというものがあり、これはメンツ手でもあり、トイツ手でもある珍しい役です。

今日はこのチートイツの意味や作り方、そしてリャンペーコーとの関係性について解説していきたいとおもいます。

七対子(チートイツ)とは何か

チートイツというのは麻雀の2翻役となります。

漢字で書くと七対子となりますが、名前の通り7つのトイツを集めた形です。

かなり例外的な役で、手作りの方法も普通の面子手とは異なるため、面子手としては微妙な手でもチートイツとしては輝ける手があったり、捨てパイが特徴的な構成となりやすいのが特徴です。

鳴きはだめで面前手のみ成立します。

七対子(チートイツ)の起源

こんなアクロバットな役がなぜ存在するのか。

というと、チートイツのでき方に理由があります。

というのもこのチートイツという役は、元々の中国麻雀(日本麻雀にも)にはない役だからです。

では誰が作ったのか、といえばアメリカの麻雀打ちで、アメリカ経由で日本麻雀のルールにも取り入れられた役になります。

チートイツと同じく、アメリカ麻雀から輸入された役としては、緑一色やリーチなどが挙げられます。

確かにいわれて見ればどれもかなりアメリカンドリームな役ですね。

七対子の作り方!山読みは必須スキルです。

続いては七対子の作り方のコツです。

七対子の作り方は簡単で、手にある牌のうち、まだトイツ(同じ牌2枚の組)になっていないものを重ねていけばいいだけとなります。

受け入れの広い狭いとかはないです。

じゃあ、完全に運なの?というとそうでもなくて、重なりやすい牌を如何に残すか、が七対子を和了するコツとなります。

具体的には、山読みが重要です。

山読みとは?

他の人の手牌に使われておらず、山に眠っている牌を見切る読みのこと。七対子では重要!

山読みについては、以下にまとめたのでよければ参考にしてください。

麻雀における山読みの基礎技術とやり方【まずはこれだけ!】麻雀における上級技術の一つ山読み。 相手の手牌で使われている牌を推測し、山に残っている牌を予測するというテクニックです。 こ...

七対子(チートイツ)の捨て牌の特徴

続いては相手が七対子を使ってきたときに、それが本当に七対子なのかどうか、そして七対子だった場合、どう対処すればいいのか、などの守りのスキルについて紹介します。

まずチートイツの特徴ですが、なんといってもその捨て牌の派手さがあります。

チートイツにおいては牌を重ねることが重要なので、横の伸びは度外視されます。

よって、普通の面子手であれば、かなり有用な3~7の数牌なども惜しげもなくきられていくのが特徴となります。

一見すると国士無双やチャンタ、ジュンチャンなどにも見えますが、相手の立場になってより重なりやすい牌を残しているかどうかを考えることで、チートイツを見抜くことが可能です。

で、相手が七対子の場合、最終形はヤオチュー牌(1、9、字牌)になりがち。

他の手役だと安全に思えるような1枚切れの字牌などは、七対子の場合は超危険牌となるので注意しましょう。

七対子で作れる役満について

続いては七対子で作れる役満について紹介します。

これは結構限られていて、字一色のみとなります。

【麻雀役解説・字一色(ツーイーソー)】鳴きが基本だが、大七星は面前のみ可!麻雀役の一つ字一色。 文字通り字牌だけで作った和了役を指します。 字牌だけなので基本的には縦にしか伸びませんが、実は2つの種...

意外と少ないと思うかもですが、緑一色は使用可能牌が5種類、チンロートーは6種類なのでどちらも7つには足りません。他の役満は基本的にメンツを作らないと成立しないめ七対子では不可。

実は七対子で作れる役満は字一色のみなんです。

※大車輪はローカルで、かつ二盃口の扱いなので省きました。

で、七対子形の字一色は大七星とも呼ばれたりします。

【ローカル役満解説・大車輪】4つの聴牌系の違いについて麻雀役の一つである大車輪。 一応ローカル役満とされていますが、ローカル役満の中ではもっともメジャーな役の一つです。 今日はそ...

七対子(チートイツ)とリャンペーコーの関係性について!複合はなしです。

ここからは、チートイツとリャンペーコーの関係について書いていきます。

ぱっと見は似ているけど、実はルーツが違っていて紛らわしい役たちですね。

紹介する内容は以下の通り。

・七対子と二盃口は紙一重

・七対子と二盃口は複合するか問題

・二盃口と七対子はどちらが有利か

ではそれぞれ見ていきましょう。

チートイツとリャンペーコーは紙一重

以前、マージャン役の相関図の記事でも書きましたが、チートイツと近い役として、リャンペーコーが挙げられます。

リャンペーコーというのは、223344のように同じ色の同じ数牌の組み合わせの面子を1セットとして、それを2セット用意した形につく役となります。

223344の形をダブル面子とすると、つまりリャンペーコーは、「ダブル面子×2+頭」という構成。

これはチートイツでもあります。

例:223344667788白白

これを1牌引いて聴牌形にすると以下のような感じです。

例:23344667788白白

この場合は、2,5待ちのリャンペーコーの聴牌ですが、たとえば次に發を引いてきて2を切ればチートイツとなります。

例:3344667788白白發

このようにリャンペーコーとチートイツは非常に近い関係にあります。

チートイツとリャンペーコーは複合するのか

では、ここでひとつ問題です。
チートイツでありリャンペーコーでもある手は、両方の役が複合するのか?

実はこれはどちらか一方しか適用されません。
具体的にはより高い役であるリャンペーコー(3役)が適用されます。

えーなんで、と思う方もいるかもしれませんが、これは面子の数え方が違うのが理由です。

例:23344667788白白

上記の例であれば、リャンペーコーとして数えた場合は以下のようになります。

234 234 678 678 白白

一方でチートイツの場合であれば、7つのトイツとして見るので

22 33 44 66 77 88 白白

となります。

同じ手ですが、和了手として数えるときはどちらか一方しか取れないので、リャンペーコーが優先されることとなります。

リャンペーコーとチートイツはどちらが有利か

じゃあ、リャンペーコーに受けるわ!
という判断が正しいかというとそれは状況次第です。

場合によっては、リャンペーコーを崩して、チートイツの単騎待ちに受けかえるほうが適切な場合もあります。

まずはそれぞれのメリットについてみてみましょう。

リャンペーコー:打点が高い、待ちが広い、平和などの順子役と複合する
チートイツ:待ちを自由に選べる、受けが強い、読まれにくい

こんな感じです。

なので、リャンペーコーに受けたいときは打点がほしいときや、確実にツモりたいとき、チートイツに受けるべきときは特定の相手を狙い打ちたいときや、相手のリーチを受けながら戦いたいときなどです。

上手に使い分けていきましょう。

七対子を学ぶ参考書「ナナヲ・チートイツ」

最後は、七対子を学ぶための参考書を紹介します。

それがこちらの漫画「ナナオ・チートイツ」です。

この漫画では、七対子を得意とする主人公・ナナオが、七対子を駆使して大勝負に勝利していくという内容。

流れとか勢いで描かれるところも多いですが、七対子の上がりイメージを掴むのには最適です。

七対子が得意な麻雀プロは土田浩翔

最後は七対子を得意とするプロについてです。

七対子を得意とする麻雀プロとしては、滝沢プロや土田プロなどが有名なので、その著作を読むのもおすすめです。

滝沢プロは比較的論理的な山読みを駆使していますが、土田プロは割とオカルトよりです。なぜか何巡目にツモるとかまでわかるみたいです。

土田プロのノーミス七対子↓

トイツ理論を提唱する土田プロの著作↓

 

終わりに

ここまでチートイツとリャンペーコーについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

実際には、リャンペーコーかつチートイツという場面はそんなには多くはないですが、たまにあるのでそういう場合はチートイツを見逃さないように気をつけましょう。

 

では、また。よい麻雀ライフを!

麻雀グッズ研究所の「Line@」始まりました!

麻雀グッズ研究所の公式Lineがスタートしました。

  • 初めての麻雀牌選びで不安・・・
  • 自分に合った全自動麻雀卓を一緒に選んでほしい!
  • 大会をするんだけど良い景品ない??

というような質問に回答します。

その他、麻雀用品関連の最新情報についてもお届けいたします。

登録無料ですのでぜひどうぞ!

友だち追加