ゲーム・アプリ

天鳳の段位と麻雀の強さの関係!ネット強者はリアルでも強いのか問題について

オンライン対戦麻雀天鳳。

麻雀打ちの中での権威性の高いオンラインゲームで、天鳳○段というと何となくその打ち手のレベルがわかるというほど。

ただ、実際には「何段だとどのくらいの強さなのかよくわからぬ!」と思う人もいるかと思います。

そこで今日は、天鳳の段位とリアルでの強さの関係を紹介していきます。

天鳳の段位は大きく5ブロック

まずは天鳳の段位制度を簡単におさらいしておきましょう。

天鳳の段位は新人、10級、9級、8級・・・1級、初段、二段・・・九段、十段、天鳳位と全20段位に分かれています。

天鳳各段位のレートから偏差値を計算してみた!麻雀で学ぶ大学数学始まりはMリーグを見ていて「麻雀IQ200」という呼び名を聞いたときの、以下の思いつきでした。 「天鳳って各段位の在籍人数がわかる...

とはいえ、実際には新人と9級で実力差があるかと言われれば、ほとんど違いがないです。

その辺の小さな段位の差は打数とか、確率のブレの差となります。

実力という面で大きく分けるとすると、以下の5ブロックになるかなと思います。

新人〜1級(一般卓)・・・初心者〜初級者(やりこんでいないだけか、初心者か判断つかず)

初段〜四段(上級卓)・・・初級者〜中級者(麻雀の基礎ができてる、フリーデビューができるくらい)

四段〜六段(特上)・・・中級者(ベタオリと牌効率がわかる、フリートントンくらい)

七段〜八段(鳳凰卓)・・・中上級者(高度なベタオリと牌効率ができる、フリーで勝ち越せるくらい)

九段以上(鳳凰卓)・・・上級者(ゼンツや形聴取り、高度な読みができる。フリー場代込みで勝ち越せるくらい)

ざっくりとは卓で分かれていますが、鳳凰卓はさらに上位と下位で2つに分かれるイメージ。

では、それぞれについて解説していきます。

新人〜初級(一般卓)はほぼ情報なし

まずは新人から初級、打数とレートによっては二段くらいまでのレベルです。

ここについては正直段位による情報がほとんどないです。

というのは、天鳳の段位は2段くらいまでは基本的にはやりこんだらやりこんだ分だけ上がっていくようなポイント配分となっているため。(1〜4位を1回ずつとるといずれ昇段するイメージ)

なので二段以下の段位でわかるのは、その人がネット麻雀をたくさん打っているか、そうでないか、というだけで実力については全くわからないです。

もちろんたくさん打てばその分上達はするはずですが、三段だけどベタオリができない、とか牌効率がグチャグチャみたいなことはあり得ます。

もし100戦以上打って、未だ二段以下の場合は、その人は我流でプレイしていて、イマイチルールを理解していない、みたいな可能性が高いです。

二段から四段くらいの上級卓民は初中級者

続いては、天鳳の段位が二段〜四段くらいのレベルの人です。

これは上級卓において勝ち越しているため、簡単なベタオリや牌効率の基礎的なところはクリアしている可能性が高いといえます。

なのでフリーとかにいっても勝てる可能性があるくらいのレベル、多分まだ負け越すかなとは思うんですが、そんな感じのポテンシャルのある枠です。

ちなみに四段でもレートが1800なくて特上卓に入れないという人もいますが、そういう人はちょっと押しすぎか、手を作りすぎな傾向があります。

好みが分かれる手みたいなのはもちろんあるんですが、そういうレベルじゃない「鳳凰卓以上の人が100人いたら100人とも一致する!」みたいな手があって、四段でレート1800以下の場合、そういうところでミスっている可能性が高いです。

なので牌効率と押し引きについての本を1冊学ぶと次のレベルにいけるはずです。多分。

何切る問題に関する麻雀本の良書悪書の見分け方将棋に詰将棋があるように、麻雀にも何切る問題というものがあります。 これはある場面の手牌から最適な打牌を探していく問題で、何切る本...

天鳳四段から六段の特上卓民は高度なベタオリを学ぶ段階の人

続いては四段から六段くらいのレベルです。

これは、基礎的なベタオリや牌効率はできている上で、押し引きの基準もそこそこあっているという中級者以上である可能性が高いかなと思っています。

とはいっても、天鳳では特に六段レートが鬼畜で、ラスの比重が非常に重たいため、ここを突破するにはやや引き気味に押し引きの基準を合わせる必要があります。

なので、このレベルにいる人は2つのパターンが考えられて、フリーで怖いのは後者です。

・ベタオリがうまいが押しは下手

・押しはうまいがベタオリが下手

「天鳳の段位は順調に上がって六段くらいまできたけど、どうもセットとかフリーでは勝てない。。」という人は、ゼンツが弱い可能性があるので、ゼンツの仕方を学ぶのがおすすめ。

全ツッパ(ゼンツ)とは何か?その心理的ハードルを越える方法を解説初心者のときは誰もが出来たのに、技術を身に着け始めるとできなくなる人もいる。 そんな技術が全ツッパです。 全ツッパ(ゼンツ)...

七段〜八段は鳳凰卓入りの中上級者

続いては晴れて鳳凰卓入りを果たした七段〜八段のプレイヤーたち。これは中上級者以上であるといえます。

七段にも色々いるというのはその通りですが、少なくとも六段坂を越えてきたというところに一種の信頼性があります。

すごい高度な読みはできなくても、ベタオリや牌効率、押し引き(特に引き)はしっかりできているはずです。

なので、初対面であっても七段以上という触れ込みなら「あ、この人はそこそこ麻雀が打てる人だな」というような信頼感がありセットとかにも呼ばれやすくなります。

あまりレベルの高くないコミュニティだと、先生扱いを受けたりと、そんな権威あるポジションになることも!

ただ七段になると一気にポイント配分が変化し、2着の比重が重くなるためラス回避だけでなく連対率が重要となるため、この変化についていけないと、鳳凰卓で勝てない・・・ということになりがち

なので、七段から八段くらいの段位の場合、ベタオリは完璧でもゼンツはちょっと苦手という人もいます。

だいたいギリギリの押しが苦手な人はチャオって六段と七段を行き来することが多いですが、七段レートは合計0のフラットな世界なので、運だけで八段まで行くこともありその辺は段位からでは判断つかないです。

ただ巷のフリーレベルだと勝ち越せるくらいのレベルかなと思います。(全員が強者でゴリゴリ押してくる!とかだと負けがち)

鳳凰卓へ昇段するために重要なこと【天鳳七段タッチのコツ】オンライン対戦麻雀「天鳳」といえば、画面やエフェクトはシンプルながらもユーザ数が400万人と日本最大級で、かつプロを含めてかなりレベルの...

九段以上は鉄つよ!当たったらすぐ逃げろ

そして最後は鳳凰卓上位のグループです。

具体的には、八段より上、九段以上は一気に権威性が高まります。

このレベルだと、並みのプロよりは強くて高度な読みができるというプレイヤーも多く、書籍出版とか上位リーグでプロ入りができたりすることもあるという麻雀業界全体に影響力のあるレベルです。

なぜ、九段以上がそんなにもてはやされるか、というと、運だけで九段まで登るのは非常に困難であるため。

七段が平地だとしたら、八段、九段、十段は上り坂。しかも徐々に傾斜がきつくなっていき、かつ坂も長くなるイメージなので、勢いだけで登れる可能性は低くなります。

なので八段の坂を登りきった後の九段は八段よりも強いし、十段は九段よりも強い、というようになります。

九段以上はほぼほぼ実力者しかいないので、出会った時は警戒していきましょう。

フリーとかでいうと、普通に場代込みで勝てて、店でも一目置かれるレベルです。

ちなみにAIの爆打は規定により鳳凰卓には入れないものの、特上卓のみで九段まで上り詰めています。

AI雀士爆打が天鳳九段という衝撃の事実が知れる麻雀本ポーカーなどの世界ではオンラインポーカーをAIが荒らしているようなケースも数多く報告されており、AIはすでに人間のトッププレイヤーの実力...

他にも天鳳十段を達成したSuperPhenix(Microsoft産)とかもいるみたいです。

majyan-ai-matome
鉄つよ麻雀AI3選!爆打、SuperPhenix、NAGA天鳳鉄つよの麻雀AIとして、爆打、SuperPhenix、NAGAについて紹介していきます。 よろしくお願いいたします。 麻雀A...

終わりに

ここまで天鳳の段位とレベルの関係についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

天鳳を始めたばかりの人だと、打数が足りなくてイマイチ判断がつかないところはありますが、ある程度打っている人だと天鳳の段位は相手の実力をざっくり掴むのに使えます

ぜひ段位をあげて箔をつけていきましょう。

ではまた。良い麻雀ライフを!

初心者が知っておくべき天鳳の注意点まとめ【プレイ前に確認】オンライン対戦麻雀天鳳は、麻雀打ちのうち半数以上が使っているのではないかと思うほど有名です。 天鳳の段位を見ればある程度の実力のお...
天鳳ユーザーが雀魂(じゃんたま)をプレイした感想と違いまとめ【修正版】2019年5月に新たにサービスインされた「雀魂(じゃんたま)」というオンライン麻雀ゲームがあります。 遅ればせながらプレイしてみた...
天鳳各段位のレートから偏差値を計算してみた!麻雀で学ぶ大学数学始まりはMリーグを見ていて「麻雀IQ200」という呼び名を聞いたときの、以下の思いつきでした。 「天鳳って各段位の在籍人数がわかる...