1-3.卓

【アルバンショールーム体験レビュー】全自動麻雀卓の試し打ちができる施設へ行ってきた!

麻雀グッズへの理解を深めるために、アルバンショールームへ行ってきました。

結論から言うと、すごい楽しかったです。なんかもう無限にいれます笑

たkる
たkる
ショールーム楽しい!自動卓無限に見てられる!そして勉強になる!

今日は、その体験レポートを書いていきます。

広告

アルバンショールームとは?池袋の隣の要町にある試し打ち施設です。

alban

まずはアルバンとは何か、ショールームとは何か?と言う基礎の部分を簡単に紹介しますと、以下のような感じです。

  • アルバン・・・麻雀卓の生産、販売を行う会社。スリムとか作ってる!
  • アルバンショールーム・・・アルバン製品を始めとした麻雀用品を実際に見て、試せて購入までできるデモ施設。要町(東京)にある。

つまりは全自動卓を買いたい人が、どの卓が良いかを試し打ちして決めたりできる施設です。

たkる
たkる
要町駅から徒歩3分、かなりアクセス良いです!

アルバンショールームで見ることができる商品の全体像

alban-showroom-taku

では続いてアルバンショールームで見ることのできるアイテムの全体像を紹介していきます。

これは考えられうるアイテムほぼ全てです。

具体的には以下のような感じ。※リンクで詳細レビューに飛びます。

全自動卓・・・アモスレックスアモスJOYアモスJP-EXSLIM、デジテンボウ搭載中古卓

手積み卓・・・ぽけっと

その他・・・全自動卓用テーブルカバー、サイドテーブル、椅子、手積み牌、マット、小物類、ゴッドハンド等

基本的には自動卓がたくさん見れます!

特にすごいなと思うのが、アモスJPとSLIMそしてデジテンボウ搭載型自動卓という家庭用自動卓迷いがち3巨頭を全てその場で試し打ちできるという点。

全自動卓を買うことは決めた、でもどれにしようか迷っている!という人は実際に試し打ちができるので超オススメです。

たkる
たkる
自分にぴったりの卓、きっと見つかる!
全自動麻雀卓アモスシリーズ歴代まとめ!国内メーカー大洋技研の進化!近代麻雀の裏面の広告欄もこまめにチェックしているたけるです。 今日は、近代麻雀の裏面で掲載されていた最新の国産全自動麻雀卓「AMO...
最新手積み麻雀卓「ぽけっと」の使用感レビュー!スタイリッシュ点棒移動ができる最新アイテムの使い方「麻雀卓ぽけっと」という手積み卓がうちに届いてから早数日。 「2人以上で組み立ててください」という説明書のことばへ律義に従った私は...
たkる
たkる
それぞれの卓の詳細はこちらをどうぞ!実は自分、ぽけっとを自宅に導入しています。

あと、個人的には初めて触ったアモスジョイの手触りの良さに感動しました!ちょっとザラザラ木目調です!

amosjoy2

 

アルバンショールームでそのまま購入も可能!

amos-showroom-buyで、このアルバンショールームなんですが、実は試し打ちができるだけでなく、その場で購入もできるというから驚きです。

家庭用のアモスJP、SLIMはもちろんのこと、業務用のアモスレックスも買えてしまいます。(アモスレックスに関しては在庫確認の上、発送とのこと。他はその場で持ち帰れます!)

komonokaeru

さらに自動卓系だけでなく、サイドテーブルとか椅子も売られていて、他にも手積み卓とか手積み牌、マットとかも買えちゃいます。

あと点棒とかもバラで買えるのでちょっと不足品が出た人の物品補充にも良い!

たkる
たkる
小物類はAmazonとかで買うより断然安い!
麻雀関連の小物にこだわり、卓上で差をつける方法 家で麻雀を打つときは、その家主のカラーが出ますね。 牌やマットのブランドから始まり、牌の磨かれ具合、サイドテーブル...

聞いてみた!スリムの新情報はまだオフレコと言われた

slim-new-info

実は今日アルバンさんのショールームに訪問したきっかけの一つは全自動卓SLIMが新バージョン化するとの情報を聞きつけたためもありました。

で、その情報についてこっそり聞いてみたんですが、機能面について対外的にはまだオフレコとのこと!

スリムプラス、スリムプラススコアの情報解禁されました!

slimplus-top
アルバン社の最新全自動麻雀卓スリムプラス2020年モデルが発売開始!特徴をまとめた麻雀メーカー・アルバン社の主力全自動卓SLIMに2020年度バージョンが登場したというので情報をまとめていこうかなと思います。 商...
alban-slimplus-score
【2020年新発売!】点数表示付き全自動卓「スリムプラスSCORE」のプロトタイプ見てきた!SLIMの新バージョンが出たと聞きつけ、先月に引き続きアルバンショールームへ2度目の訪問をしました。 とか思われつつ、ガッ...

全自動卓SLIMについて私たちが取ることのできる手段は以下の2つがあるかなと思います。

  • SLIM旧バージョンの在庫売り尽くしセールに乗って、10万円以下でSLIMを購入する
  • SLIM新バージョンの発売を待って購入に踏み切る
たkる
たkる
なかなか難しい押し引きだ・・・!

SLIMの詳細情報については以下の記事にまとめましたのでよければどうぞ。

slim-midashi
【超便利!】全自動麻雀卓スリム(SLIM)が初心者にオススメな7つの理由廉価で買える国産の全自動麻雀卓として、人気があるものの一つに「SLIM」があります。 このSLIMは 値段が15万円程度...

 

アルバンショールームで聞いてきた自動卓雑学!すげえと思ったやつ!

最後にアルバンショールームでアルバン社員の方に教えていただいた自動卓についての雑学知識をシェアします。

自分は賢くなりました!

  • デジテンボウは半荘終了後、原点に戻すのがボタン一つでできる
  • SLIMは牌を収納した状態でテーブルカバーをかけられる
  • 業務用と家庭用の違いは耐久性にあり

それぞれ簡単に解説します。

デジテンボウは半荘終了後、原点に戻すのがボタン一つでできる

まずすごいなと思ったのがデジテンボウの時短術です。

最近、リアルな点棒を使わないデジタル点棒搭載の麻雀枠としてデジテンボウというアイテムがレディオシステムから出たんですが、これの隠れたメリットを知りました。

何かと言うと、対局が半荘終わって次の半荘に行くとき、普通の卓だと点数を25000点に戻す作業がありますが、デジテンボウだとこれが楽になるんです。

digitenbo-jitan

具体的にはデジテンボウでは、三人が原点ボタンを同時に押すと点数がリセットされてそれで終わり!

2秒くらいで次の半荘に移行することが可能となります。

たkる
たkる
半荘間の時短という発想はなかった!

デジテンボウとは?という人向け記事↓

dejiten-kit
デジテンボウの革命!廉価版全自動卓が点数表示機能付きに早変わり!2019年の6月ごろに、サンコーレアモノショップからデジタル点棒機能付きの全自動卓が発売されたことをご存知の方も多いのではないでしょうか...

麻雀用品の時短術↓

jitan-rekishi-top
時短で考える麻雀用品の自動化の歴史【効率化はボドゲ界でもピカイチ!】麻雀は他のボードゲームとは比べものにならないほど自動化が進んでいます。 配牌、山積み、点数表示など全てが自動化されているゲームは麻...

SLIMは牌を収納した状態でテーブルカバーをかけられる

続いてはSLIMのテーブルカバーのかけ方の話。

SLIMはテーブルカバーをかけると普段はおしゃれなテーブルになるんですが、これを牌どうしてるんだろう?と思ってたら収納したまま止められるんだそうです。

slim-shuunou

普通に牌を卓の中に入れると次の山が上がってきてしまいますが、これを両サイド同時押しすると、卓を収納したまま次の山が上がってこなくなるとのこと。

たkる
たkる
すげえ!めっちゃ便利

SLIMの機能↓

slim-midashi
【超便利!】全自動麻雀卓スリム(SLIM)が初心者にオススメな7つの理由廉価で買える国産の全自動麻雀卓として、人気があるものの一つに「SLIM」があります。 このSLIMは 値段が15万円程度...

業務用と家庭用の違いは耐久性にあり

3つ目は総論的な話ですが、業務用卓と家庭用卓の違いについての話。

自動麻雀卓は大きく家庭用と業務用があって、自分は配牌表示機能ありが業務用、それ以外が家庭用かと思っていたんですが、それだけではないとのこと。

じゃあ、何が違いなのか、というと耐久性で、毎日10時間くらい使っても壊れない程度の耐久性を持っているのが業務用のアモスレックスなどで、家庭用の自動卓はそこまでの頻度は想定していないとのこと。

それによって、使う部品とかも耐久性が違うみたいで、その辺が値段の違いになっているそうです。

たkる
たkる
確かに流石に毎日自宅では打たないわな

全自動卓の価格と機能の違い↓

zenjidou-table-kakakubetu
【完全版!】全自動麻雀卓おすすめまとめ【価格別全10種】お疲れ様です、ワンルームに2つの麻雀卓(うち1つ自動卓)を導入しているたkるです。 今日は、割と種類が豊富な全自動卓の価格別おすす...

終わりに。アルバンショールームは祝祭日以外は毎日営業中

ここまでアルバンショールームの訪問レビューを書いてきましたが、いかがだったでしょうか。

とこんな感じで超楽しかったです。

家庭用の自動麻雀卓を試し打ちできる機会ってあんまりないかなと思うので、東京近郊の方はぜひ一度立ち寄ってみてください。

祝祭日以外は毎日営業中とのこと)

自分はショールームめっちゃ気に入って、アルバンの社員の方に1時間くらい質問しっぱなしでした笑(その節はありがとうございました)

たkる
たkる
無限にいられる!

そんな感じです。普通に楽しいので、自動卓好きの方は是非どうぞ!ではまた。良い麻雀ライフを!

 

old-table-howto
全自動麻雀卓の中古購入!激安からアルティマまでの注意点とコツまとめ と思う人も多いかと。 実は自分、中古の自動卓を自宅においていたことがある(今もおいてある)ので、その経験を踏まえてお話しし...
nendaibetu-majyantaku
ライフステージで選ぶ全自動麻雀卓Q&A!ミスマッチしないタイプ別卓の選び方麻雀打ちの夢のアイテム全自動卓。 しかし一概に全自動卓といっても、将来の夢が子供の数だけ存在するように、その打ち手のライフステージ...
mahjong-table-choice-top
麻雀卓の選び方とオススメテーブルまとめ!主に手積み台!お疲れ様です。ワンルームに2台の麻雀卓を置いているたkるです。 今日は、雀士最大の買い物である「麻雀卓」の選び方について書いていき...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です