麻雀関連

時短で考える麻雀用品の自動化の歴史

麻雀とは時間短縮の歴史でもあります。

麻雀というゲームは非常に長く時間がかかるため、少しでも多く効率よく対局を行うためにさまざまな時短用品が開発されてきました。

今日はこの麻雀用品の歴史を時間短縮という視点で見ていきましょう。

麻雀における付随作業を短縮せよ

麻雀では山を積み、山から牌を取り、手牌と入れ替えて手を作ります。そして見事和了(アガリ)となると点棒のやり取りをして、点数を受け取ります。

この一連の流れの中で、麻雀というゲームとして楽しむべき打牌選択の他にも、山を積んだり、点棒をやり取りしたりというような様々な付随作業が発生しているのです。

この付随作業を簡略化したり自動化することで、プレイヤーは本来すべき打牌選択のみに集中できて、より効率よく麻雀を打つことができます。

そのため、これまで数々の時短アイテムが開発されてきました。

麻雀を打たないという人であっても麻雀業界における時短テクはけっこうおもしろいものも多いので、仕事やプライベートで時短をする際の参考にもなります。

麻雀における時間短縮の歴史

では本題に入って麻雀における時間短縮の歴史を見ていきましょう。

麻雀の歴史は本当はもっと長いのですが、麻雀用品の効率化の歴史のスタート地点としては、ここでは戦後まもなくのリーチ麻雀黎明期とします。

まずは、この時期を見ていきましょう。

戦後のリーチ麻雀は手積みがメイン

戦後の麻雀は手積み麻雀がメインです。

敗戦直後で混乱していた時期でもあったため、積み込み、すり替えなんでもありの闇麻雀が至る所で行われていたそうですね。

ちなみにこの時期アメリカからリーチ麻雀の原型ともなるようなルールが入ってきたといわれていて、リーチ、七対子、緑一色などはアメリカ麻雀の役だそうです。

この時期の麻雀は雀荘でも手積み麻雀で、もちろん自分で牌を積む必要があり、かつ喰いタンもなしのルールが多かったようです。


麻雀放浪記

阿佐田哲也の『麻雀放浪記』で、この戦後の時期の麻雀について詳しく書かれています。

パッコロの発明でサイコロの2度ふりを簡略化

戦後の手積み麻雀ではイカサマが横行していたため、イカサマを防止する意味も込めてサイコロは二度ぶりのルールが一般的でした。

(二度ぶりでは2つのサイコロを2回ずつ振って取り出し位置や親を決める)

しかし、2回振るのは時間的にムダだということで開発されたツールがパッコロです。

 

これは正12面体のサイコロで、1ー12が書かれたサイコロと東南に西北が書かれたさいころの2種類があり、一度ぶりで取り出し位置と親を同時に決められるという優れもの。

これによりプレイヤーたちは賽の二度ぶりから解放されました。

山を積んでくれる全自動卓の登場

とはいえ、パッコロは実はほとんど流行らずに終わった商品です。

なぜかというとちょうど同時期に全自動卓が登場したため。

優秀な同期の陰に隠れて日の目を見なかったというわけです。

当初の全自動卓は現在の最新機種のように手牌まで取り出してはくれませんが、牌をかき混ぜ、山を積むという動作を自動化してくれるということで一気に流行りました。

また、これによりそれまでたくさんいたと言われる積み込みを得意とするイカサマ師たちは軒並み廃業したそうです。

点数表示機能つき全自動卓の登場

続いて登場したのが点数表示機能つきの全自動卓です。

初期の全自動卓では山を積んでくれるだけで、点数を数える機能は付いていなかったため、プレイヤーたちはオーラス前になると点数の確認を行う作業が必要でした。

しかし、ここで登場した最新卓では特殊な点棒を用いることで自動で点数を計算して表示してくれたため、さらに対局は効率化されました。

※なお、当時の点数計算機能は誤作動も多かった模様

現在では20~50万円くらいで点数表示機能付き全自動麻雀卓が手に入ります。

 

配牌機能付き全自動卓の登場

そして満を持して最後に登場したのが、配牌機能つきの全自動卓です。

それまでの卓では山は17トンずつ4つに積まれていたので、サイコロを振って取り出し位置を決めて、牌を取っていくという作業が必要でしたが、配牌機能つき全自動卓の登場により、その作業も省略できるようになりました。

最近の機種は、ドラめくりや嶺上牌下ろしまで自動でやってくれる便利な機種も出ています。

 

番外編1:点棒のやり取りを時短した麻雀卓ぽけっと

ここまで麻雀業界における時短の歴史をみてきました。

他のボードゲームとは比べ物にならないほど、すごい時短されていることが分かるかと思います。

「こんなに効率化されたら、もう時短するところなくね?」

と思うかもですが、まだまだ効率化のポイントは残っています。

それが点棒のやり取り。

以前書いた記事でも点棒のやり取りを自動化できるのでは?という話を書いていますが、麻雀では全自動卓でも点棒は手動でやり取りします。

この点棒の移動を少しでも効率化しようとして作られたのがこちらの「麻雀卓ぽけっと」です。

麻雀卓ぽけっとは手積み麻雀卓ですが、点棒を卓上からシームレスに点棒入れに移動できるという優れもの。管理人も愛用してます。

慣れてくるとスタイリッシュな点棒移動も可能になるという2019年発売の最新アイテムです。

 

番外編2:サンマを効率化するゴッドハンド2

ここまでが4人麻雀(ヨンマ)の歴史でした。

続いてはサンマの歴史もちょっとだけ見ていきましょう。

サンマではヨンマとは使う牌の数が違うため、全自動卓でもサンマ設定がなされる必要があります。

当初の全自動卓ではサンマ機能が付いていないものも多かったのですが、しだいにサンマ用に山を積める全自動卓が登場し、サンマも全自動卓で打てるようになりました。

しかし、サンマではヨンマにはない課題が1つあります

それは、全自動卓は四角形なのに対し、サンマではプレイヤーが3人しかいないということ。

九州のほうのルールでは4人座って1人抜けるスタイルのサンマなどもあるようですが、一般的なサンマでは1席余ります。

問題なのは、この不在の人の山が遠いという件で、4つ山が出てくる全自動卓では対面がいない人は山が遠いという課題をかかえていました。

そこで開発されたのがゴッドハンド2というアイテム。


築牌押出機ゴッドハンドⅡ 3人麻雀用山牌押出機 全自動麻雀卓

ぱっと見は戦車のような風貌ですが、これは山が積み上がると同時にその山を中央まで押し出してくれるというもの。

これにより、対面がいない席に座ったプレイヤーも山をストレスなく取れるようになりました。

動画で見た方が分かると思うので、詳細が気になる方は以下の記事を参照ください。

ちなみに、最近の全自動卓ではサンマ設定をすると、山を3方向にしか積まない設定ができるものも多いので、ゴッドハンド2もパッコロ同様にそれほどメジャーではないです。

切なさ。

終わりに

ここまで、麻雀における時短の歴史をみてきましたが、いかがだったでしょうか。

ネット麻雀などでは、さらにツモる動作、点数のやり取り、点数計算なども自動化されていますね。

麻雀がより効率化されることで、より多くの対局ができるようになり、良いかなと思います。

麻雀を打てる時間は有限なので、ぜひみなさんも対局を効率化し、より密度の高い麻雀ライフを送っていきましょう!