ルール

麻雀のアガり点数のコール!チッチー、ピンピンロクとは何か?

麻雀で手を上がったはいいけど、コールの仕方がわからない。

あるいは、他の人の宣言した点数の意味がわからない。

そんな時もあるかと思います。

以下では、そんなちょっと難しい麻雀のアガり時の点数の読み方について紹介していきます。

麻雀の点数のコールの仕方!ツモ時は低い方から読む

まずは麻雀の上がり時のコールの仕方について。

これはロン、またはツモとともに点数をいいます

例えばタンヤオドラ1の30符2翻(役)の手をロンアガりしたら「ロン、2000点」とコールし、ツモった場合は、「ツモ、500−1000」というようにコールします。

ちなみにこのツモのコールがちょっとだけ厄介で、子のアガりの場合は親が払う点数と子が払う点数で違いがありますが、この場合、点数を低い方を先にコールするのが定石

満貫ツモなら「4000、2000」ではなく、「2000、4000」といった具合です。

どっちでもいいのでは?と思うかもですが、500−1000のときに1000が先だとめっちゃ紛らわしい(1500に聞こえる)ので、小さい方から読み上げる方がおすすめ。

イメージ↓

紛らわしい麻雀のアガり点数の別名

続いては、麻雀での上がり点数の別名について紹介していきます。

点数に別名なんてあるの?

と思うかもですが、あります。

例えば以下のようなものたちです。

ゴミ・・・300-500

チッチー・・・7700

ピンピンロク・・・11600

イチサンニーロク・・・1300−2600

ザンク・・・3900

ゴーニー・・・5200

ゴット・・・500-1000

クンロク・・・9600

まあ大体は数字の頭文字をとったものが多いので直感的にわかるかなと思います。

あと、マンガンとかハネマンとかも一応別名っちゃ別名ですが、それは本とかで学べるので良いかなと。一応あげると以下の通り。

マンガン・・・子で8000点、親で12000点

ハネマン・・・子で12000点、親で18000点

倍満・・・子で16000点、親で24000点

三倍満・・・子で24000点、親で36000点

役満・・・子で32000点、親で48000点

一本場は点数に足して宣言する

最後は一本場の場合のコール方法です。

一本場というのは親が連チャンしたり流局したりした場合につくボーナスで、次の局で上がった人の手が300点高くなります。(ツモの場合は全員から100点ずつ多く取れる)

この本場によりプラスされた点数は、コールの時に合わせて宣言するのがマナーです。

具体的には、例えば1本場で1000点をロンアガりした場合は以下のようにコールします。

「1000は1300点です」

「○○は「○○+300」点」ですと宣言する感じです。ツモの場合は

「1000は1100オールです」

というように全員が払うべき点数を100点プラスしてコールします。

本場は誰も上がれない局(流局)が続いたり、連チャンが続いたりすると、2本場、3本場・・・と増えていき、その場合300×本場数だけ点数が増えます

終わりに

ここまで麻雀の上がりの時のコールの方法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

スマートにコールできると、なんかちょっと強い人みたいになります。

ぜひマスターしていきましょう。

ではまた。良い麻雀ライフを!

気遣いのできる大人の点棒の払い方【麻雀処世術】麻雀はビジネスマンにとってコミュニケーションツールとして重要です。 卓外では知らない人と一日中一緒にいるというのはなかなか酷なもの...
最新手積み麻雀卓「ぽけっと」の使用感レビュー!スタイリッシュ点棒移動ができる最新アイテムの使い方「麻雀卓ぽけっと」という手積み卓がうちに届いてから早数日。 「2人以上で組み立ててください」という説明書のことばへ律義に従った私は...
麻雀牌の読み方と数え方まとめた!麻雀で使うあの小さな四角のことを麻雀牌といいます。 日本式のリーチマージャンの場合、麻雀牌は全部で34種136枚あり、34種それぞ...