ルール

フリテンとは何か?初心者がネット麻雀で注意すべきルールについて解説します

独学でネット麻雀を始めた人にありがちな場面として、

「アガリのはずなのにアガリができない」

というものがあります。

役という概念を知らないで形だけ整えているという場合もありますが、もし役はあるのに人からロンできない、という場合はフリテンである場合が多いです。

フリテンというのは「自分で河に捨てた牌が待ちの一部に入っている場合、人からロンができない」というルール。

え、何それ聞いてない!

という人に向けて、フリテンの内容やよくあるミスなどを紹介していきます。

フリテンとは何か?狙い撃ち防止のルールです。

まずは、フリテンとはどんなルールなのかを簡単に紹介していきます。

フリテンというのは、漢字では「振り聴」と書きますが、内容としてはロンアガリができない聴牌(てんぱい)形のことを指します。自分でパイを引いてくるツモはOKです。

どんなときにフリテンになるのかというと、以下の3つの条件のいずれかの場合。

1.自分の捨て牌にある牌でロンアガリしようとしたとき

2.誰かの捨て牌を見逃したあと同じ巡目(自分のツモ番が来るまで)にロンアガリをしようとしたとき

3.リーチをかけたあとに誰かから出たアガリ牌を見逃したとき

具体的には、自分の捨て牌に1sがある場合の1-4s待ちとか、白を捨てている場合での白単騎といったように、「すでに自分で捨てた牌が待ちの一部である場合、人からはロンアガリができない」というルールです。

他にも、自分では捨てていなくとも人が捨てた牌を見逃した場合もフリテンとなり、リーチをかけていれば永遠に、そうでない場合は次の自分のツモまでフリテンとなります。

なんでこんなルールがあるのかというと、特定の相手に対する故意の狙い撃ちができないようにするため

例えば、「こいつ嫌いだから前の人の捨て牌ではなくて、そこに併せてきた次のやつの牌であがろう!」とかそういう行為を防止するためのルールとなっています。

立直の場合は手替わりが起こらないので一度でも見逃したらずっとフリテン、それ以外の場合は自分の番が来れば手替わりして待ちが変わる可能性があるのでフリテン解消となります。

フリテンになるケースとならないケースの違い

続いては2種類のフリテンの違いについてもう少し詳しく解説していきます。

フリテンには大きく分けて、永続的なフリテンと同順内フリテンがあります。

前者はその局が終了するまでフリテンが続きますが、後者は次のツモでフリテンが解消されます。

これらの違いを説明していきます。

前者のフリテンになるパターンとしては、自分の河に待ち牌の一部が存在する場合、あるいはリーチ後に他家の捨てたアガリ牌を見逃した場合です。

一方、後者の同順内フリテンになるパターンは、リーチをかけていない状態で他家の捨てた牌を見逃しした場合に発生し、次の自分のツモ番がくれば解消されます。

とまあ、区分けはこんな感じなのですが、なんでこんな違いがあるのかというと、手替わりの可能性のありなしによります。

どういうことかというと、リーチ後は手替わりがないので一度見逃した牌は常にアガリ牌ではないはずですが、リーチをかけていない場合は、次のツモで待ちが変わる場合があります。

つまりどんなにツモ切りに見えてもリーチをかけていない場合には、「元々は聴牌していなかったけど、いま聴牌したところなんだわ」と言い張ることが可能。

よってフリテンは同順内のみとなるわけです。

フリテンにならないうち筋のコツ

では、続いてはフリテンにならないうち筋のコツを紹介していきます。

ポイントは3点です。

1.字牌から切る

2.一貫性を持つ

3.連続系を残す

それぞれ簡単に解説していきます。

1.字牌から切る

フリテンにならないコツの一つ目は字牌から切ることです。

なぜ字牌から切る必要があるのかというと、序盤で切った数牌にくっついてフリテンになるというパターンが非常に多いため。

まずは字牌を切って、一見孤立している牌でもくっつきを待つようにするとフリテンになる確率が下がります。

2.目いっぱいに受ける

フリテンにならないための2つ目のコツは、危険牌の先切りをせず、めいっぱいに受けることです。

例えば以下のようなリャンカン形をどちらかに固定するとフリテンになる確率が上がります。

357m567p566s白白白北北

⇒3m切りして4mが入るとフリテンになる

3.一貫性を持つ

3つ目としては一貫性をもった打牌を行うことです。

麻雀においては簡単な手ばかりではないため、どちらかを選ばなければならず、選ばなかった方を引いてフリテンになるというケースはけっこうあります。

そんなときに一貫性を持って、一度捨てた牌は何度来ても絶対捨てる!という強い意志を持つことでフリテンになりにくくなります。

まあ、これは良し悪しがありますが、フリテンを避けたい人は一貫性を重視しましょう。

間違えやすいフリテンパターン

続いて、形が複雑で、間違えやすいフリテンのパターンを紹介します。

まずはこれ↓

2223444s345m456p

この形は待ちが12345sとなります。知らずにどれかを切っている場合はフリテンとなるので注意!

そのほかは思いついたら書いていきます。

敢えてフリテンに受けるべき場面

基本的には不利となるフリテンですが、敢えて見逃しをしてフリテンにしたりするケースもあります。

そんなレアなケースをいくつか紹介していきます。

1手替わりで打点が急上昇する染め手

まず一つ目は、染め手に向かう場合です。

例えば以下のような手であれば、2sツモでタンヤオのみの1000点をアガルよりは、2sを切ってフリテン系にうけて染め手に移行するほうが効果的。

233445777888m2s 2sツモ

⇒2sツモ切りで萬子(m)を待つ

上がれない方をツモった場合

続いては、三色や一気通貫、役牌バックなどの和了できない方をツモってしまった場合。

この場合は役がなく和了宣言をできないので、泣く泣くフリテンにうけることになります。

234m23s234567p白白 1sツモ

⇒三色がつかないので和了できない

ダブル役満を狙う場合

続いては国士無双13面待ち、四暗刻単騎などの形がダブル役満になるルールで、ノーマルな国士無双や四暗刻をツモった場合。

これは和了すればふつうに役満ですが、1枚切ればダブル役満になり逆転の切り札になります。

トータルで大きく凹んでいる場合などは敢えてシングル役満を上がらず、ダブル役満を狙いに行くのもアリです。

実際、国士無双13面待ちの場合は、13/34でツモれるので意外に悪くない賭けとなります。

ダンラスで国士無双をツモ

→フリテン13面待ちに受ける

終わりに

ここまでフリテンについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

フリテンは初心者が麻雀のルールでもっともつまりやすいポイントの一つです。

ぜひフリテンにならないうち筋をマスターして、勝利を目指していきましょう。

では今日はこの辺で。よい麻雀ライフを。