ルール

麻雀牌の読み方と数え方まとめた!

麻雀で使うあの小さな四角のことを麻雀牌といいます。

日本式のリーチマージャンの場合、麻雀牌は全部で34種136枚あり、34種それぞれに呼び名があります。

今日は、その麻雀牌の読み方を紹介していきたいと思います。

ちなみに「読みってそっちの意味かー!もっと高度な手牌読みとかかと思ったわー!」という人は以下の記事がそんな感じなのでそちらをどうぞ!

麻雀で待ちや捨て牌を一点読みをするタイミングおすすめ6選!麻雀の実力を示すべく守備の花形は「一点読み」です。 一点読みとは、その名の通り、相手の待ちをピタッと一点で読み切り、推定した当たり...
スライド読みとは何か?意味とか見分け方のコツとか「スライド読みをされるからその手出しはやらない方がいいね」 上級者の人に後ろで見てもらっている際に、そんなコメントを受けたことはな...

「いや、ふつうに麻雀牌の模様の読み方とかが知りたかったわ!あってる!」という人はそのままどうぞ!

まずは牌を大きく4つに分けてみよう

麻雀牌は大きく4つに分かれます。

それらは萬子(まんず)、筒子(ぴんず)、ソウズ、字牌(じぱい・つーぱい)です。

萬子はお金の単位、筒子は貨幣、ソウズはお金を通す糸をイメージして作られているそうですね。

それぞれの特徴は以下の通り。

萬子・・・漢数字+萬の字

筒子・・・玉の個数で数を表している

ソウズ・・・1ソウだけ鳥、後は竹の本数で数を表す

字牌・・・漢字一字で模様を表現

まあ、言葉で説明してもよくわからないと思うので現物をみてみましょう。

pai-bunrui

上から順に、萬子(マンズ)、筒子(ピンズ)、ソウズ、字牌となります。

字牌の中に何も書かれていないものがありますが、これは白が書かれているという扱いです。

全身真っ黒な牌の場合は「白の表面」なのか「ほかの牌の裏面」なのかがわからなくなるので、白と彫られたりもします。

↓こんな感じ

black-pai

ちなみに、上の図での字牌の一番右は牌を裏返した時の模様を示したものなので牌の模様ではないです。

黒い麻雀牌を買うときの注意点!白ぽっちのあるものを選ぼう!麻雀牌は表は白、背の部分は黄色か青というイメージが強いですが、変わり種の麻雀牌として、全身真っ黒の麻雀牌があります。 黒牌とか黒龍...

それぞれの数字の読み方を覚えよう

麻雀では1~9の数字にそれぞれ中国語風の読み方がついています。

続いてはその数の読み方を覚えましょう。

牌の数の読み方は以下の通りです。(かっこの中は麻雀以外での中国語の数の読み方

1・・・いー(イー)

2・・・りゃん(アー)

3・・・さん(サン)

4・・・すー(スー)

5・・・うー(ウー)

6・・・ろー(リュー)

7・・・ちー(チー)

8・・・ぱー(パー)

9・・・きゅー(ジゥ)

中国語だとイーアーサンスーと続くので大体一緒ですが、2や6の読みが少しだけ違うことがわかるかと思います。

萬子の1の場合はイーマン、ソウズの2ならリャンソウといった感じで数と色を続けて呼ぶのが習わしです。

図で表すとこんな感じになります。

pai-yomikata

理由はよくわからないですが、むしろ日本語に近くなっていて楽なので、まあそういうものかーと覚えましょう。

字牌の読み方を覚えよう

上ですでに字牌の読み方も書かれていますが、あらためて字牌の読み方について紹介していきたいと思います。

字牌は、東南西北の方角牌4種と、白、撥、中の三元牌3種の計7種から構成されます。

読み方は中国語読みなので日本語とは微妙に違う点も多いですが、直感的には覚えやすいかなと思います。

気を付けるべきは西(シャー)と北(ペー)くらいです。

むしろ間違えやすいのがその順番で、麻雀では東西南北ではなく東南西北(トンナンシャーペー)の順で数える点を注意しましょう。

麻雀牌の方角の読み方の理由!なぜ東西南北ではないのか麻雀をプレイする人にとってはおなじみですが、それ以外の人から見ると奇妙に見える点というのがいくつかあります。 そのうちの一つが、「...

組み合わせの読み方を覚えよう

ここまでで単体の牌の読み方はすべて完了です。

続いては、2枚以上の牌の組み合わせの読み方について見ていきましょう。

麻雀では手牌の枚数が、待ち番では全部で13枚、和了(アガリ)の時には14枚となります。で、これを3×4+2のチーム、あるいは2×7のチームに分けていくことになります。

麻雀では3つずつの牌の組み合わせ、2つの牌の組み合わせを集めることでアガリを目指すゲームなので、この組み合わせの読み方は重要です。

ではみていきましょう。

対子(トイツ)は同じ牌2枚のペア

まずは同じ牌を二つ集めた場合のペアの呼び方ですが、これはトイツと読みます。

対になった子と書いて対子(トイツ)と読むのでわかりやすいかなと思います。

別名アタマとも言います。

麻雀では基本的にどんな和了形でも一つのアタマが必要なのでこのアタマは最重要です。

面子(メンツ)

続いて同じ牌が3枚かあるいは階段状に上がった牌が3枚組み合わさったものについての読み方です。

これは面子(メンツ)といいます。

麻雀では和了形に一つのアタマと4つのメンツが必要となるため、このメンツを如何に集めるかが勝負のカギです。

ちなみにメンツという言葉は、麻雀を打つメンバーを表すこともあるので文脈には気をつけましょう。

麻雀におけるメンバーとメンツの意味の違い麻雀ではメンツとか、メンバーという言葉が飛び交います。 初めて雀荘に行った人などはかなり混乱することかなと思います。 そこで...

このメンツは作られ方により以下の3種類に分かれます。

順子(シュンツ)

シュンツというのは123,789というように階段状に牌がつらなった3枚のことを指します。

萬子なら萬子で、ソウズならソウズで階段を作る必要があります。

字牌は数字がなくシュンツを創れないため、序盤で切られがちです。

刻子(コウツ)

シュンツとは逆に、同じ牌を3枚集めたものをコウツと呼び、これもメンツになります。

各牌は4枚ずつあり、そのうちの3牌を手に入れなければならないためけっこうコウツを作るのは難しいです。

その分点数的には高打点になりやすいように優遇されているので、逆転を狙いたいときにオススメなメンツです。

槓子(カンツ)

基本的にメンツは3枚で1セットですが、例外的に4枚で1セットとする場合もあります。

それが槓子(カンツ)と呼ばれる面子になります。

カンツの作り方としては、同じ牌を4枚集め、カンを宣言すること。

そうすると4枚が1メンツ扱いとなり、1牌牌を引いてゲームを続けることができます。

こちらのカンツはコウツよりもさらに点数面で優遇されています。

麻雀の点数計算やり方解説【役と符の覚え方まとめ】麻雀における鬼門の一つ、点数計算のやり方を解説していきます。 ちょっと長いですが、やり方が分かれば意外と簡単なので、頑張って覚えて...

終わりに

まあ基本的なところはこんな感じかなと思います。

他にも細かい読み方は、ごちゃごちゃと読み方はいろいろありますが、ぶっちゃけプレイすればそのうち覚えます。

人の名前みたいなものです。

しっかり準備したい派の人は覚えておくとスムーズですが、そうでない人もいずれは覚えられるのでご安心を。

ではまた。よい麻雀ライフを!