麻雀とは何か?目的とか概要をざっくり掴む記事

麻雀とは何か?目的とか概要をざっくり掴む記事

「麻雀って名前は聞いたことあるけど実際何なのかよくわからない」

「家族や友人が麻雀を打っているけど、何が面白いのかがあまりわかっていない」

本記事ではそんな疑問をお持ちの麻雀を打ったことがないけど麻雀について知りたい!という人向けに、「専門用語なしでざっくりと、麻雀とは何か」を説明していく記事になります。

家族や友人、恋人などが麻雀打ちで、相槌打てるくらいの知識を付けたい!とか、自分自身が麻雀を始めるかどうか判断したい!という人の疑問が晴れれば幸いです。

では、始めていきます。

麻雀とは何か?3~4人で行うボードゲームです。

まずは麻雀(まーじゃん)とはそもそも何か、という話から始めていきます。

麻雀というとギャンブルとかカジノの一種かな?というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、ジャンルでいうと将棋や囲碁、人生ゲームなどと同じくボードゲームの一種となります。

麻雀そのものにギャンブルとかカジノといったような意味はないです。

4人のプレイヤーが麻雀卓と呼ばれる専用のテーブルに座って、牌と呼ばれるプラスチック製のタイルを用いてアガリを競い合うというゲームが麻雀です。

麻雀と将棋や囲碁の違いは不完全情報ゲームであること

とはいえ麻雀は、将棋や囲碁などの日本でポピュラーなボードゲームとは少し異なる点もあります。

どこが異なるのか、というと以下の2点が大きく異なる点となります。

1.プレイヤーが4人いてそれぞれが優勝を目指している

2.卓上でプレイヤーが見える情報が限られており、運の要素がある

それぞれ簡単に解説していきます。

1.プレイヤーが4人いてそれぞれが優勝を目指している

まず麻雀の特徴の一つは、4人のプレイヤーがいて各々が別のチームであるという点が挙げられます。

基本的にスポーツやボードゲームを見ても、たいていの場合は1vs1あるいは1チームvs1チームというものが多くて、バトルロワイアル方式で勝敗を競うというゲームは珍しいといえます。

(それぞれがトップを競うゲームはゴルフや体操など、相手に干渉できないものが多い)

一方で麻雀では、同じフィールド上に4人のプレイヤーがいて、それぞれが自分の勝利に向けて動いているというゲーム。

いわば戦国時代の武将たちがお互いをけん制しつつ、天下統一を目指してくようなそんな展開の多彩さが魅力です。

2.卓上でプレイヤーが見える情報が限られており、運の要素がある

そして、麻雀においてプレイヤーが4人いるということ以外に、もう一つ大きな特徴となっているのが、場のすべての情報が公開されているわけではないという点です。

これはどういうことかというと、麻雀では山札、自分の手札、相手の手札、そして捨て札という4種類がありますが、自分の視点からでは自分の手札と捨て札しか見えません。

一方、将棋や囲碁では、場にある情報は全て誰でも見えて見えないのは相手の頭の中だけ!というような状況ですので、この点が大きな違いとなります。

そして、麻雀では目に見えない情報が多いので、仮説によって進む部分が存在し、「運の要素が発生する」というのが特徴です。

もちろんすべてが運というわけではなく、上級者ほど捨て札や相手の表情などから見える情報が増えていきますが、展開によってはプロ麻雀打ちであっても、初心者に負けてしまうこともある!という番狂わせが起こりやすいのが麻雀というゲームなのです。

この「運の要素がありつつも、実力の要素も大きい」というところが、ギャンブルにも最適ということで、戦後から身近で楽しめる賭け事として麻雀が親しまれた面もあります。

麻雀の実力は何によって測られるの?

ここまで麻雀というのは4人で行うゲームで、かつ運の要素がある、というお話をしてきました。

ここまで読んできた人の中には、「そうなってくると、逆に麻雀の実力って何なんだろう?」と思う人も出てくることと思います。

結論から言うと、「麻雀は運の要素もあるものの、実力による差も大きいゲーム」となります。

運と実力の比率については、個人的には1:1くらいの割合かなと思っています。

では以下では麻雀の実力とは何か、という話を見ていきましょう。

麻雀の実力は見える部分の確率への理解度

麻雀の実力は大きく2つの要素に分かれます。

まずは一つ目の要素として「確率への理解度」という点を紹介していきます。

麻雀では、目に見えないクローズドな情報があるという話を先ほどいたしましたが、麻雀では目に見えている状況から判断して最も期待値の高い選択をしていくことが求められます。

麻雀では34種類136枚(1種類4枚ずつ)の牌を使ってゲームを行いますが、それぞれの牌が何枚見えているのか、という情報は重要です。

例えば、イーピンという牌とイーソウという牌が手札にあって、イーピンはすでに捨て札に3枚切られていたとしたら、今後イーピンを山札から引いてくることはできません。

なので、より引いてくる確率の高いイーソウを残そう!というように判断することができます。

麻雀ではこのように、より効率よく手を進めていける選択肢を選べるかどうか、という点がアガれるかどうかにつながっており、選択の最適度が一種の実力なのです。

もう一つの実力は見えない部分に対する仮説検証力

では続いて、麻雀においてもう一つ重要なポイントを紹介していきます。

それは目に見えていない部分に対する仮説検証能力です。

麻雀では目に見えている情報と目に見えていない情報の2つがあり、目に見えている情報を正確に把握することと同様に、目に見えていない情報を如何に推測していくか、が重要となります。

例えば、相手の手の進行度であったり、相手の手牌に使われているであろう牌であったり、を捨て牌や相手の表情から読み取っていきます。

(麻雀ではアガリを取れるのは1人だけで、2番目以降の人は上がれないうえ、相手の上がりに必要な最後の一枚を捨てたプレイヤーが全額を支払うルールなので、自分の上がり目が薄いなと思ったら、すばやく防御に回る必要があります。)

「この人たぶんこう考えてこれを切ったのかな」とか「すごい張り切っているからいい手なのかな?」というような目に見えない情報を推測する力が実力の2つ目の要素です。

麻雀とは何かのまとめ

なので麻雀とは何か、という点をまとめると、以下のようになります。

「麻雀とは4人で行うボードゲームで、将棋や囲碁と違って不確定な要素のあるゲームなので、初心者が上級者に勝つという番狂わせの起こり得るゲーム」

です。

つまり、麻雀は実力差がちょっと合る人同士でも、お互いに勝ったり負けたりの勝負が楽しめる間受けの広いゲームということです。

とはいえ麻雀では運だけでなく実力の部分も重要で、麻雀の実力とは、「目に見えている情報から得られる最適解を算出しながら、さらに目に見えない部分の情報についても推測し、それらを総合して最適な選択をしていくゲーム!」というわけです。

何となくイメージはついてきましたでしょうか。

難しそうではありつつも、面白そうだな!と思う人は麻雀向きの人です。

ぜひルールを覚えて対局をしてみて下さい。

ではまた。よい麻雀ライフを!