雑学

掴み取りは正式な場所決めではないらしい

『麻雀おたすけマニュアル』という本を読んでいた時に書かれていたのですが、麻雀における正式な場所決めの方法って「掴み取り」じゃないんですね。

個人的に初耳だったので、正式な場所決めの方法をまとめていきます。

正式な場所決めは6牌+サイコロで決める

では正式な場所決めの方法について紹介していきます。

正式な場所決めは以下の6ステップで行われます。

1.好きな席に座り、一人が東南西北+奇数牌1枚+偶数牌1枚を裏返しにして混ぜて、一列に並べます

2.牌を並べた人の対面がサイコロを2個振り、振った人から出た目を数えて仮東を決めます

3.仮東の人が再度サイコロを2個振り、降った人から数えてサイコロの目の人が最初の取り出し者となります

4.先ほど裏返した6牌を表にして数牌を取り出し、奇数牌を一番左に、偶数牌を一番右に置きます

5.サイコロの目が奇数なら左から、さいころの目が偶数なら右から順に、最初の取り出し者から順に風牌を取っていきます

6.それぞれ取った牌の席に着く

イメージ図↓

結構めんどくさいですね。


覚えて遊んで勝つ!麻雀おたすけマニュアル

正式じゃないときはつかみ取り

で、ただこの正式な場所決めはかなり面倒なので、一般にはつかみ取りが用いられます。

この掴み取りという方法は、誰か一人が東、南、西、北(+白の場合もある)を握り込み、裏にして手の中で混ぜます。

これを他の3人がそれぞれ引いていって、最後の1枚を混ぜた人が取る。

そして東を引いた人を基準に、それぞれ引いた牌の席に着くというやり方です。

この辺はけっこうローカルルールによるのですが、東を引いた人が好きな席を決められるパターンと、東を引いた人が席を固定するパターン(すでに着席している場合)があります。

また、白を入れた場合は、白を引いた人が席を固定となり、その人を中心に他の3人が回っていくルールが一般的です。

スピード重視のフリー雀荘では掴み取りもしない

ちなみにこの場所決めのルール、元々はイカサマとかもあって席決めも気合が入っていたのですが、最近は全自動卓メインでイカサマもほぼ途絶えているので簡略化される一方です。

例えば掴み取りすら煩わしいということで、フリー雀荘などでは、席は来た順に好きなところに座っていいということも多いです。

途中で入る場合は抜けた人の席に入る!といった具合。

フリー雀荘の場合、時間内にどれだけ半荘を回せたかの回転率が店の売り上げに直結するので、麻雀に関係ない部分は極力時短したい狙いもあるようですね。

とはいえ、実際には席順は大切でぬるい打ち手の下家を取るとかなり有利にもなるので、上家がぬるいな!と感じたらラッキーだと思いましょう!

終わりに

ここまで席決めについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

正式な席決めという概念、じぶんは初めて知ったのですが、皆さんは知っていましたでしょうか。

仲間内でのプライドを賭けた戦いとか大会の決勝というような形式ばった場面では、正式な席決めをしてみるのもよいかもしれませんね。

あと、これは余談ですが、アウトドア麻雀などでは日の当たる場所とそうでない場所、風を直で受ける場所とそうでない場所など、席ごとにコンディションが天と地ほど違う場合もあるので、席決めは重要です。

ではまた。良い麻雀ライフを。