わかりやすい麻雀役一覧【タイプ別用途で選べる】

麻雀役一覧をいろいろなタイプ別でわかりやすくなるようにまとめてみました。

よろしくお願いいたします。

麻雀役の全体像

まずは麻雀役の全体像から。

麻雀役はローカルなものを除くと全部で37個あります。

ただ、いきなり全部覚える必要があるかというとそうでもなくて、使用頻度の高い重要なものとしては、10個くらいです。上位10役くらいで出現率の90%以上を占めています。

なので、初めは重要なものだけ覚えればOKです。

なんで麻雀役の出現頻度にそんなに偏りがあるのかというと役満の数が多いため。

役満役だけでも13個くらいあり全体の1/3を占めていますが、めったに出ないので後回しで大丈夫です。

役は鳴きOKなものNGなもの、複合するもの、しないものなどの区分けがあるので、用途に応じて適切な一覧表を使うと便利です。

とりあえず基本の点数別麻雀役一覧

ではここから麻雀役一覧に入ります。

まずはオーソドックスな役の点数(翻数)別の麻雀役一覧です。

役の点数別にまとめると以下通りになります。

鳴きOKと鳴きNGについても書いていますが、点数に関しては面前時の点数を書いています。

そして次に、成立条件を含めた一覧も作ってみました!逆転にあと何役必要!みたいなときに使っていただければ幸いです。

※アガリ形の画像付きが欲しいという人は次の「出る順で覚える一覧」に画像ファイル付きを作ったので参照ください。

出る順で覚える麻雀役一覧

続いてはてっとり早く重要なものから覚えていきたいという人におすすめの出る順麻雀役一覧です。

出る順麻雀役としては、まずは基本の役を覚えて残りはおいおい覚えていくという方になるかなと思います。

重要な役は以下をピックアップしています。

超重要な5役タンヤオ、メンゼンツモ、リーチ、役牌(やくぱい)、平和(ピンフ)

次点7役一盃口(イーペーコー)、三色同順(サンショク)、チャンタ、一気通貫(いっきつうかん、イッツー)、対々和(トイトイホー)、七対子(チートイツ、ニコニコ)、混一色(ホンイツ)

逆転のための3役清一色(チンイツ)、四暗刻、国士無双

とりあえず、基本となる役15個の一覧については画像付きで作ったのでよければ参考にしてください。

変わり種!相関図で見分ける麻雀役一覧

続いては麻雀役同士の関連性が分かりやすくなるように相関図で示した麻雀役一覧です。

配牌を見てコースを決めたいときとかにおすすめ。

相関図を用いた詳しい役解説は以下の記事にまとめているので参考にしていただけると幸いです。

悪配牌におすすめな麻雀役一覧

もう一つ変わり種として、配牌がめっちゃ悪くてどうしようもないというときにオススメの役一覧も作ったので併せて共有しておきます。

手なりで進めたら和了率2%くらいのところを、これらの役を駆使すれば5%くらいまでは上がるはず!(当社比)

おすすめの役はこんなところです。

・三色、一通、チャンタの両天秤
・役牌バック後後付け
・形式聴牌からの偶然役狙い

詳しい使い方は以下の記事にまとめたので、オーラスアガリトップとかの場面が苦手な人は参考にしていただけると。

終わりに

ここまで様々な麻雀役一覧を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

ここもっとこうしてほしい!とかあればコメントいただければ検討いたしますので、気軽に言ってください。

麻雀役は初め覚えるのが大変ですが、いろんな覚え方を試して自分にあったものを選ぶとよいのかなと思いました。

では今日はこの辺で。よい麻雀ライフを!