ルール

【麻雀役解説・清老頭】実は一番読みやすい役満役の回避方法について

麻雀役の一つである清老頭。

点数は最高打点の役満役ですが、役満の中でも非常に読みにくい役として知られています。

今日は、そんな清老頭について紹介していきたいと思います。

清老頭とは何か!成立条件とは

まずは清老頭という役とは何か、という話からしていきたいと思います。

成立条件についてですが、1、9牌のみで手を作った場合に成立する役となります。

以下のような形ですね。

一一一九九九999①①①⑨⑨

※漢数字は萬子、数字はソウズ、丸数字は筒子

一見すると簡単そうにも見えますが、点数は最高打点の役満手。

子で32000点、親で48000点となります。

非常に読みにくい手でもあり、チャンタやジュンチャンだと思って油断していると

「え、役満なの!?」

となることも。

要注意の役満です。

 

清老頭はなぜ読みにくいのか

続いては清老頭がなぜ読みにくいのかという話について紹介していこうかなと思います。

なぜ清老頭が読みにくいのかというと、ほかに似ている役が多いからです。

というのも捨て牌的には中張牌が出ていくというだけで、それといった特徴はありません。

中張牌が切られていくというのはぱっと見は派手ですが、例えば、1、9、字牌を使って作るチャンタやジュンチャン、ホンロー等の手とは非常に似ていますし、あるいはランダムに牌を揃える七対子などとも捨て牌的には似ています。

なので、この手は清老頭だ!という確証が持てず、読みにくいのが特徴となります。

清老頭を読む方法

とはいえ、全く読めないかといえばそうでもありません。

ただ、読み方が知られていないというのが正しいところです。

清老頭を読む方法としては、残りの1,9牌の枚数を数えることが重要です。

というのも、清老頭を和了するためには、6種類の1,9牌のうちメンツに4種類、アタマに1種類と計5種類を必要とします。

ということは、逆に言えば2枚以上切れている1,9牌が2枚以上あれば和了することは不可能であるということです。

当然っちゃ当然の法則ですが、意外と知られていないこの法則を活かすと、清老頭を読み切ることが可能です。

なので、例えば捨て牌に9ピンと9萬が2枚ずつ切られている場面、あるいは自分で1ソウと9ソウをトイツで持っている場面などでは、清老頭を和了される心配はありません。

計4枚が切られてはならない、という点で見ると、むしろ国士無双とかよりも難易度の高い役であるとわかるのかなと思います。

終わりに

清老頭はぱっと見読みづらいですが、ネタがわかればむしろ読みやすい役です。

清老頭の読み方を知っている人は意外と少ないのでぜひ読み方をマスターして、清老頭を確実に回避していくようにしましょう。

清老頭に振り込む人が出てくる漫画↓