【麻雀役解説・混老頭(ホンロートー)】必ずトイトイ、七対子と複合する満貫役について

麻雀役・混老頭(ホンロートー)について解説していきます。

1、9、字牌のみで作られることが成立条件で、必ずトイトイか七対子と複合する役としても知られています。

honro-ichi

では始めていきます。

広告

麻雀役解説・混老頭(ホンロートー)とは何か?ヤオチュー牌のみで作った手です

まずは、麻雀役・混老頭(ホンロートー)とはどのような役なのかを簡単に紹介していきます。

混老頭(ホンロートー)、通称・ホンローは、1、9、字牌のみで作った手につく役となります。

似たような役としてチャンタや清老頭(チンロートー)という役もありますが、それらとの違いをまとめると以下のようになります。

  • チャンタ・・・1、9、字牌を含むメンツとアタマで手を作る(面前2役、鳴き1役)
  • ホンロー・・・1、9、字牌のみで手を作る(面前2役、鳴き2役)
  • チンロートー・・・1、9牌のみで手を作る(面前役満、鳴き役満)

つまりチャンタは123とか789というように1、9を含んでいればOKという感じですが、ホンローは111、999というように2378を含んではなりません

tinroto

そしてさらに純度を高めたチンロートーは、字牌も不可で1、9牌のみで作る手となり難易度は高いですが、点数は役満です。

なのでホンローとチンローに関していうと、必ずメンツが縦に重なるため、七対子か対々和が複合するのが特徴

ちなみにホンローとチャンタとは複合しないです。

その理由はチャンタが123または789のメンツを必要とするため

ホンローは1,9、字牌の刻子(コーツ)のみ、チャンタは123,789などの順子(シュンツ)を含む形という定義の違いがあります。

なので、チャンタとホンローは複合しないので注意しましょう。

では続いては七対子系とトイトイ形、二つのホンローの違いについてみてきましょう。

混老頭の複合!ホンロー七対子とホンロートイトイの違い

ホンローについては、2種類の形があります。

honro-soukanzu

それが七対子形と対々和形です。

七対子と対々和は共に2役なので、ホンローの2役と合わせるとどちらも計4役となります。

なのでホンロー自体は2役ではあるものの、実質的には4役といっても過言ではなく、高打点な役となっています。

で、この七対子形と対々和形ですが、役の数的にはともに4役ですが、実はトイトイ形の方が最低打点はちょっとだけ高いです。

なぜかというと、符が若干高いため。

七対子は25符で固定なので、ホンローチートイは25符4役で6400点〜ですが、ホンロートイトイの場合は40符4役で8000点〜となります。

こんなイメージ↓

※1、9、字牌のポンは最低でも4符あるので4×4となり点パネし、必ず40符以上となります。

さらに鳴きの有無という点でも、七対子形は鳴きが使えないため、トイトイ形の方が手作りが進めやすく使い勝手が良いです。

じゃあ、七対子形ぼろ負けか!と言えばそうでもなくて、守備力の面とか、待ちの読みづらさといった点では七対子形の方が強く、一長一短なところはあります。


【混老頭(縦書)】書道家が書く漢字Tシャツ

ホンロートーと相性のいい役!役牌やホンイツで跳満を目指せ!

このホンローという役は対々和か七対子は必ずセットになっていますが、それ以外にも相性のいい役がいくつかあります。

それが役牌ホンイツです。

yakupai-honitu

ホンローは13種類のヤオチュー牌を用いて手を作っていくわけですが、そのうち役牌は白、撥、中、場風、自風と最大5種類

結構多いです。

また、13種のうち7種が字牌であり、数牌は6種類。ホンイツを作るには、13種のうち9種類を使えるのでこれもけっこう作りやすいです。

なので特に注意しなくてもホンイツや役牌は複合しやすいといえます。

これらを合わせるときのコツとしては、なんとか6役(跳満)にすること

ホンローは七対子か対々和とセットで4役があるのであと2役があると跳満に進化することができます。

なので、役牌+ドラとかホンイツとかそんな感じで2役をつけるのがオススメ

終わりに。混老頭を極めて相手を翻弄(ホンロー)しよう

honro

ここまでホンローについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ホンローは正直、チンローや字一色の崩れた形というような面は否めないですが、何だかんだで高打点なのでハネマン逆転条件みたいなときには重宝します。

そしてポンポン鳴いていくので相手にかかるプレッシャーは高いです。

ぜひマスターして、トイトイや染め手と組み合わせて上がっていきましょう!

ではまた。良い麻雀ライフを!