サイズ別オススメ麻雀牌まとめ!牌の背の順紹介!

麻雀牌のサイズは重要です。

特に手積み牌を買うときなどは、普段全自動卓で打ちなれている人ほど、「あれ?なんか小さくね?」となってしまうこともしばしばあります。

というのも手積み卓と全自動卓では標準サイズが異なるのです。

今日は、そんな牌のサイズのミスマッチを避けるためにサイズ別に牌のおすすめを並べました。

ばっちり手に合うサイズの牌を欲しい人はご査収ください。

では、参ります。

牌のサイズの一般論!手積みは26mm、自動卓は28mmが基準

オススメに入る前に、まずは牌のサイズ感の一般論について説明させてください。

牌のサイズとしては、大きく以下の3つのカテゴリーに分かれています。

手積み卓用牌、日本製全自動卓用牌、海外製全自動卓用牌

厄介なのは、このそれぞれで標準サイズが違うということです。

それぞれの標準サイズをまとめると以下の通り。

手積み卓用牌・・・26mm

日本製全自動卓用牌・・・28mm

海外製全自動卓用牌・・・33mm

主に雀荘で用いられている牌としては、配牌まで出てくるAMOS系(アルティマ)卓であれば28mm、配牌が出てこないタイプの卓であれば26mmの牌のところもあります。

そして、一般に日本の雀荘ではあまり用いられてはいないですが、海外製の全自動卓などでは、ワールドクラスの33mm牌が使われていることが多いです。

なので、牌を購入してから「あれ?なんかコレジャナイ?」とならないためには、普段自分が打ちなれている牌のサイズを確認し、それに合わせたサイズの牌を買うことが重要となります。

サイズ別オススメ麻雀牌大きい順

では、ここからはサイズ別に大きいほうからオススメの麻雀牌をまとめていきます。

※サイズ別なので36mmとかが最初にきますが、ぶっちゃけかなりデカいので購入の際はご確認を。

圧倒的大陸サイズ!中国製42mm牌

まずは、Amazonなどの一般のサイトで購入できる中で最大サイズの麻雀牌を紹介します。

それがこちらの牌。


番号付き中国麻雀セット、144ホワイトタイルクラシックフルサイズアルミケース付き、g-shop

サイズはなんと、高さ42mm×幅32mm×奥行22mmという規格外。

どのくらい大きいのかというと、500円玉とほぼ同サイズの1ドル硬貨(26.5mm)と比べてもこの圧倒ぶり。

とにかくデカい牌でダイナミックに打ちたいぜ!という人にはオススメです。

国内最大の36mm牌「富士3L」

続いては国内最大サイズの高級麻雀牌「富士3L」を紹介します。

この日本娯楽より発売されているこちらの富士3Lのサイズは、以下の通り。

高さ36mm×幅27mm×奥行20mm

海外製のものよりは一回り小さいですが、それでも全自動卓の牌(28mm)などよりは相当大きいです。

しかもユリア樹脂製で重量もあり、牌の重量は一つ30g!

手積みで山を積むときなどは17牌一気に持つと500g近い重要となるのでけっこう上級者向けです(笑)。

海外製全自動卓標準!33mm牌のおすすめ

海外製全自動卓の標準サイズである33mm牌としては、バラで売られているものも基本は全自動卓用の牌となります。

全自動卓用の牌は、中に磁石が入っていたりして高いものが多いですが、個人的におすすめなのは、価格4500円という安値のFREE SHINE用麻雀牌です。

全自動卓用の牌でありつつもこの価格の安さは魅力的。

なお、中国製なのでイーソーの柄は若干日本とは違います。

 

間のサイズが欲しい人へ!30mm牌のおすすめ「蘭」

33mmはちょっとデカすぎるけど、28mmよりは大きいのが欲しいという人にオススメなのが30mmの麻雀牌「蘭」です。

サイズは以下の通り。

高さ30mm×幅22mm×奥行17mm

赤5ピンはダイヤモンドのようなものが入ったタイプです。

 

国内全自動卓仕様の28mm牌のおすすめ

28mmの牌くらいからは国内でのスタンダードなので、結構色々売られています。

個人的におすすめなのは、大洋技研のアモスマックスです。

適度な重量感と、5000円程度というコスパが魅力の純国産牌となります。

 

 

あと、変わり種ではハローキティ麻雀牌なども子のサイズです。

 

その他おすすめは、以下の記事をご参照ください。

手積み標準サイズ!26㎜牌のおすすめ

26mm牌も28mm同様に国内では数多くのブランドが出ています。

なので、詳しい話は別記事を参照いただければ幸いなのですが、個人的にオススメを上げるとしたら一つは大洋技研製の「AMOSモンスター」です。

2000円台という非常に安価な価格ながら、そこそこちゃんとした牌というコスパのよい製品。

ちなみにふるさと納税のお礼の品でもあるので、そちらで実質負担2000円で手に入れることも可能です。

 

もう一つ高級志向な人にオススメな牌は任天堂の「役満鳳凰」。

竹の目を再現したスリートン製法とか、イーピンが任天堂タートルになっていたりとかディテールが素晴らしい牌です。

ちょっと小さめ?20mm牌のオススメ

あまりにも小さくなりすぎると逆に扱いづらいけど、(卓の制約上などで)ストレスなく扱える範囲でなるべく小さくしたいという人にオススメなので、20mmの牌です。

正直これ以上小さくなると、完全に持ち運び用といった感じで、腰を据えて打つのには向きません。

なので、必要十分な最小サイズとして20mmというのは一つの基準かと思います。

で、そんな20㎜牌でオススメなおがこちらの麻雀牌。

若葉色とか白色とかピンク色とかかわいい色が多く、ワンポイントで使用するサブ牌としてもおすすめです。

簡易卓付きがご所望の方はこちらがおすすめ。

 

移動用におすすめ!20mm以下の麻雀牌

ここから先は移動用の麻雀牌となります。

20mm以下の麻雀牌は基本的には持ち運びを想定して作られているので、簡易卓とセットになっていたり、ケースがマットになるものも多いです。

個人的にオススメなのは以下の牌セット。

ケースが31cm四方の簡易卓になり、かつ牌を揃えるためのゲージ付きの15mm牌となります。

 

番外編:デカすぎるとマットサイズが合わない問題

基本的に麻雀マットは余裕をもって作られているので、並べきれないことはまずないですが、あまりにも牌サイズが大きいと手狭になることも。

そんなときは、少しでも大きい麻雀マットを用意するか、あるいは、アメリカ麻雀式にケースを使うというのもおすすめ。

一応マットサイズの一覧については以下に記事をまとめているので、よければ参考にしてください。

終わりに

ここまでサイズ別にオススメ牌をまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

麻雀牌サイズが違うと初めは違和感がありますが、まあ、ぶっちゃけ数局打てば慣れてきます。

なので、自分の見やすいサイズ、欲しいサイズを買ってしまうというのも一つの手。

初心者の練習用は小さめの牌のほうがコントロールしやすいのでオススメです。