3.ルール

フリー雀荘の麻雀マナーまとめ!覚えておきたい暗黙ルール12選!

moral-mahjong

対局中にはルールのほかに、マナーというものがあります。

マナーを守らなくても特にルール上罰則はありませんが、全員が気持ちよく打つためには、マナーを守っておいた方が無難です。

また、店によってはマナーをあまりにも守らなすぎると、出禁になることもあり得ます

出禁になった雀士
出禁になった雀士
「普通に打ってたはずなのに、なぜか対局相手にイラつかれて、出禁になった、解せない」

とならないようにマナーについて簡単に学んでいきましょう。

今日はこれだけ覚えておけばまあ大丈夫という基本のマナー12か条をまとめました。

広告

フリー雀荘の出禁を避ける!麻雀の基本マナー12か条

基本マナー12か条をまとめました。

かなり基本的なことなので、これが一つでも出来ていないと普通の打ち手からみると結構違和感がある項目です。しっかりマスターしていきましょう。

たkる
たkる
10か条と言ったがあれは少し嘘だ!

ではそれぞれ見ていきましょう。

1.タメロンしない

tenhou-tameron-kisei

「ん、あー、それ・・・・ローン!!!」みたいなタイミングを遅らせて和了するのをタメロンといいますが、これは非常にマナーが悪いとされています。

天鳳とかでもタメロンをするとバッドマナーな打ち手として晒されたりすることもあるので、直撃を狙いたいとき以外は自動和了を押しておきましょう。

たkる
たkる
溜めロンは上げて落とすという精神的苦痛を与える点と、故意に時間を使って相手の時間を奪っている点がギルティーと言われています。

2.鳴きで腰を使わない

上家から牌が出る、ぴくっと止まって鳴くかどうか迷った末に鳴かない

このような動作を麻雀では「腰を使う」といいます。

これを応用して本当は鳴きたくないのにあたかも鳴きたいかのように腰を使う技もありますが、これは三味線としてルール違反になることもありますし、遅延行為としてもよくありません。

まあ、要は鳴きたい牌は事前に決めておけということです。

厳しいお店では腰牌では和了できないとするルールもあるので注意が必要。

たkる
たkる
鳴きたい牌は決めておこう!

3.山を前に出す

リアル麻雀初心者は意外と忘れがちなマナーの一つに、自分の目の前の山を少し前進させるというものがあります。

これは主に全自動卓の話ですが、卓が広く対面の山からツモるのが遠くて大変なので近づけますよ、という意図があります。

この際に少し角度も右を前にしてあげると、下ツモのときに裏に1牌隠れていて取り間違えるリスクを減らせるのでさらによいとされています。

ちなみにサンマでは、山は4つ出てくるため、所有者のいない山は他家が手分けして前に出すようにしましょう。

サンマの際は、自動で山を押してくれるゴッドハンドというアイテムもあります。

ゴッドハンド↓

godhand2

4.理牌をしてから和了する

和了時のマナーとして、手牌を和了役がわかる形に理牌してから倒すのがよいとされています。

これは倒牌後の役の確認をスムーズに行うためです。

理牌する時間を惜しんでぐちゃぐちゃのままで倒すと、「ちょっと待って、役を確認するから」という無駄なステップが発生し、結果的にタイムロスになります。

手作り中は手を読まれないように理牌をしないのはアリですが、倒牌時は理牌をするようにしましょう。

たkる
たkる
国士無双すらリー牌しろという人もいるみたいで、一時期話題になったりしました。

5.鳴きは鳴く、切る、取るの順

鳴きの際のマナーとしては、例えばチーであれば、チーを宣言する、捨て牌を切る、鳴きたい牌を取る、の順序がよいとされています。

この順序で動作を行うことで、打牌は2ステップ目で完了し、次のツモを進めることができ時短になります。

鳴きの際に場がストップする時間をなるべく短くするためにも、先に手牌を切り、後から捨て牌を持ってくるようにしましょう。

たkる
たkる
これに関してはちょっと意見が分かれていて、Mリーグ式のノーレート雀荘とかだと、鳴く⇒取る⇒捨てるの順番が正しいとされることもあります。

6.リーチ宣言は打牌より先にする

reach-bo-toujyou

立直宣言の際のマナーとしては、リーチを宣言する、リーチ棒を出す、牌を切るというのが良い流れです。

逆にやってはいけない順序としては、捨て牌を切る、リーチを宣言する、リーチ棒を出すという順序

これは、打牌を先に行うことで、切った牌が鳴かれないことを確認してから立直をかけることが可能となり、後だしになるためです。

「一発が消えないなら立直しようか」とか「このドラが鳴かれないなら」という判断が出来てしまうのでリーチ者が不当にメリットを得てしまうのでバッドマナーとされています。

たkる
たkる
これもMリーグ式だと、立直を宣言する⇒牌を横向きに切る⇒リーチ棒を出すの順番。大きな声で宣言しましょう。

7.強打をしない

kyouda

つい力が入ってバチコーン!と牌をたたきつけたくなることもありますが、これは相手への威嚇行為となること、そして牌が衝撃で割れてしまう恐れがあることから、バッドマナーとされています。

フリー雀荘などでは強打をすると注意を受け、改善しないと出禁になることもあるので注意が必要です。

8.左手を使わない

右利きの場合は右手のみ、左利きの場合は左手のみ、つまり片手だけを使うのがマナーとされています。

これは両手で牌をガチャガチャといじっているのは、イカサマをしようとしていると取られるためです。

イカサマ技は燕返し、ぶっこ抜きのように両手を使う技が多く、昔のイカサマ師は両手を卓上に置いていました

なので、イカサマをしていないということを示すために、片手のみで打牌をするのがよいとされるようになったそうです。

たkる
たkる
今ではわりと形骸化したマナーですが、何か気にする人多いです。

9.断ってから長考する

麻雀は4人で行うゲームです。なので、一人が切り番で毎回長考すると、ほかの3人の時間が奪われることになります。

実力的に慣れてなくてという場合は仕方ないですが、他家の切り番に自分の次の捨て牌のパターンを考えておくなどして、重要な場面以外はなるべく素早く切ることがグッドマナーです。

やむを得ず長考をする場合は、「ちょっと長考失礼します」と断ってから行うと感じがよいです。

10.他人の和了に文句をつけない

これは麻雀がどうこうというよりも人としての在り方の話になりますが、人の和了に対し、因縁をつけたり、文句を言ったりするのはよくないです。

たkる
たkる
アガリ批判と呼ばれるバッドマナーです。

麻雀は4人で行うゲームでかつ運の要素のあるゲームなので、他人に自分の手が妨害されることも、悪い手が良い手に勝つこともあり得ます

それが受け入れられないなら、家で一人で牌の積み木でもしているほうが賢明です。

11.サイドテーブルは左を使う

zataku-sidetable

間違えやすいマナーの一つにサイドテーブルの使い方があります。

雀荘では基本、椅子の横にサイドテーブルが用意されていますが、このサイドテーブルの使い方にもマナーがあります。

サイドテーブルが1卓あたり2つしかない場合は、2人が共用で使うことになりますが、サイドテーブルが4つある場合は、自分の「左手側」を使うのがマナーとなります。

なので、ドリンクやチップなどは左手側のサイドテーブルに置くようにしましょう。

sidetables
麻雀用サイドテーブルおすすめまとめ!全自動卓のお供の選び方 というようなとき、それはサイドテーブルがないことが原因かもしれません。 サイドテーブルとは、ドリンクを置いたり、タバコの吸...

12.ラス半コールをする

これはフリー麻雀でのマナーになるのですが、対局を止めるときはあらかじめ「ラス半コール」をするようにしましょう。

ラス半コールというのは、その名の通り、「この半荘でラスト(おわり)にします」の意。

半荘が始まる前に「ラス半で!」というようにしましょう。

その辺の情報があると店側は次に来たお客さんに「あそこの卓がラス半入っているので10分ほどで打てます」というように状況を説明しやすくなります

ちなみに、ラス半にするかどうか迷う!結果を見て決めたいというときは「もしラス」という技を使いましょう。

これは「もしかしたらラス半になるかもしれない」という意味で、時間や所持金が心もとないときなどに使用します。

あんまりもしラスを連打すると店側に嫌がられることもあるので、要所でだけ使っていきましょう!

13.ドレスコードはないが清潔感があるとよい

ちなみに麻雀にドレスコードは基本的にはないです。

ただあんまりにも汚らしいとあれなので、袖がないきれい目の恰好をしておくとよいかと。

こんなイメージ↓

終わりに!マナーを押さえればフリー麻雀でトラブルに巻き込まれない!

基本のマナーをまとめましたがいかがだったでしょうか。

これを守っていれば、まあトラブルになることはないかなと思います。

たkる
たkる
トラブルは基本、やべえ奴とやべえ奴が出会ったときにしか起こらない!

ちなみに、さらにマナーを突き詰めていきたい人は盲牌をしない、一打目に字牌を切らないなどの厳密な規則がある雀鬼会に入会してみるのもいいかも。

きっと最高のマナーを身に着けることができるはずです。

その他細かいマナーに関しては、以下の記事にまとめました!30個くらいあって細かいですが、気になる人は一読しておくのがよいかと。

majyanmanar
マナー悪い麻雀技術まとめ!【ルールブックには載っていない】麻雀にはルールには書かれていない作法というかマナー的なものが色々あります。 今と昔でマナーが違ったりもあって、昔はダメだったけどい...

ではまた。良い麻雀ライフを!


マージャンマナー表

フリー雀荘の客・メンバーを10タイプに分類!強い人の特徴はこれだ!【てん3・てん5編】「フリー麻雀で卓に入った時に相手の特性がいっぱつで分かればいいのに…」と感じるときもあるかと思います。 見知った相手と対局し勝手の...
フリーの常連同士がセットを打つという問題に対して自分が思うことフリー麻雀とセット麻雀。 雀荘で打てる麻雀には大きく2つにわかれています。 フリー麻雀はお店に一人で行って同じく一人で来た知...
初めてのフリー麻雀の持ち物とコツ!おすすめ雀荘やマナーについても解説!フリー麻雀に初めて行く際は、かなり緊張した思い出があります。 仲間内ではレートありの麻雀を打ったことがあっても、知らない人と打つと...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です