【麻雀役解説・字一色(ツーイーソー)】鳴きが基本、大七星は面前のみ!

麻雀役の一つ字一色。

文字通り字牌だけで作った和了役を指します。

字牌だけなので基本的には同じ牌3枚を組み合わせるか、あるいは2枚ずつそろえての七対子形もあります。

たkる
たkる
点数は役満、役満の中では中くらいの難易度です。

今日はそんな字一色についてお話ししたいと思います。

広告

麻雀役「字一色」とは何か!成立条件を解説。鳴きあり役満です。

まずは字一色という役について解説していきます。

tuiso

字一色というのはその名の通り字牌だけで作られた手牌につく役を指します。

萬子も漢字っちゃ漢字ですが、字一色の対象になるのは白、撥、中の三元牌と、東、南、西、北の風牌の計7種だけです。

tuiso-tukaerupai

例えば以下のような形で、

白白白南南  東東東ポン 北北北ポン 撥撥撥ポン

数牌がないので必然的に刻子にしかできず、難易度の高い役となります。

たkる
たkる
6種類しかない清老頭よりはちょっとだけ簡単!

点数は最高点の役満鳴いてもOKです。(メンツ手の場合)

2種類の字一色!鳴きの有無が違う

tuiso-toitoi-titoi

この字一色ですが、実は大きく分けると2つのパターンがあります。

一つが刻子形、もう一つが七対子形です。

字牌は全部で7種類あるので、それぞれ2枚ずつを集めての七対子形でも和了が可能となります。

この七対子形のときは鳴きはできません

たkる
たkる
字一色は鳴きOKなんだけど七対子がなき不可ゆえ

同じ役の中で鳴いていいときと鳴いてはいけないときがあるんです。

他で言うとホンロー、タンヤオ、清一色とかでも七対子と複合するときがありますが、これらも七対子系のときは鳴き不可となります。

七対子系の字一色は鳴き不可

では以下でそれぞれの特徴をもう少し詳しく見ていきましょう。

刻子形の鳴きあり字一色は複合しやすい

toitoiho-hyousi

ではここからはそれぞれの字一色形の特徴を解説していきます。

まずは、一般的な刻子形の字一色からですが、このタイプは非常に役満が複合しやすい形として知られています。

たkる
たkる
字牌を用いた役満は種類が多いので、大三元や小四喜などと複合しやすいんです。

最大で四槓子、四暗刻、大三元、字一色の4倍役満くらいまでは複合するはずだったと思います。

たkる
たkる
4倍役満だと子で128,000点、親だと192,000点・・・!

逆に刻子形の字一色の弱点は読まれやすいこと。鳴き可なので作りやすいですが、その分鳴きによって手がバレやすくなります。

和了のコツは大三元とか小四喜とかと大体同じで、とにかく字牌を集めればOK!

七対子形の字一色は読みづらい

titoitu-yakukaisetu

一方で七対子形の字一色は、非常に読まれにくいことがメリットです。

中張牌をじゃんじゃん切るため捨て牌は派手になります。

ただ、その派手な捨て牌から字一色が読まれることはないです。

何故かと言うと、七対子、チャンタ、国士無双など他にも役があるため。

特に同じ役満である国士無双は隠れ蓑になってくれ、字一色という可能性はあまり見られません。

なので聴牌さえできれば割とスマートに上がれるはずです。

しかし、やはり鳴きができないため聴牌までの難易度が高く、非常に珍しい形であると言えます。

たkる
たkる
体感で言うと字一色の9割はトイトイ系。七対子系はほぼないです。

ちなみにこの七対子形の字一色は珍しいため、別名で「大七星」と呼ぶこともあります。北斗七星みたいな感じですね。テントウムシにもそんな奴いたような…?

大七星を特別にダブル役満とするルールもあるそうです。

 

終わりに!字牌を集めて字一色を和了しよう!

字一色についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

字一色は国士無双やホンローチートイなどから伸びてきて気が付いたら聴牌しているというようなケースが多いです。

意外と配牌から字牌のトイツが多いときは逆に警戒されてなかなか和了できないイメージがあります。

役満の中では中くらいの難易度なので、基本の役満トップ3を抑えた人は、次くらいに狙ってみてはいかがでしょうか。