麻雀役の別名、略語まとめ【紛らわしい呼び名対策】

麻雀役って地味に別名が多くて厄介だったりします。

「リー即ドラ!」とか「メンタンピン」とか言われると「おかしい、そんな役は本には書かれていないぞ、いったいなんの呪文なんだ?」となりがちかと。

そこで今日は、麻雀役の別名としてよくあるものを紹介していきたいと思います。

【麻雀役の別名の基礎】まずはメンタンピンを覚えよう

麻雀役の省略形の基本として知られるのがメンタンピンです。

メンタンピンというのは、リーチタンヤオ平和(ピンフ)の略称。よくある形なので熟語になっています。内訳は、メンがリーチ、タンがタンヤオ、ピンがピンフです。

リーチがメンなのだけちょっと厄介ですが、これはリーチ=面前(めんぜん)→メンとなっているみたいですね。

あとはタンヤオがタン、ピンフだからピンというようにこちらは単純に語尾が省略されています。

こんな感じで略していくスタイルの別名は多いのでこのパターンを覚えておきましょう

よくある役の別名、略称まとめ【まだ面影はあるやつ】

では、そのほかよくある省略形を見ていきましょう。

よくある形は以下の通りです。※役名はそれぞれの役の詳しい解説記事へのリンクとなっています。

※三色同順と三色同刻(サンショクドウコウ)という2つがありますが、三色と略したときはだいたい同順のほうを指します。

省略形でない役の別名まとめ【初見殺し注意】

続いては、単純な省略形ではないちょっと難しめな別名を紹介していきます。

  • 立直(リーチ)→メン
  • 一発→即(ソク)
  • 七対子→ニコニコ
  • 發→リューハ、アオ
  • 白→パイパン、シロ
  • 中→アカ

※白撥中はすべて役牌という役ですが、それぞれの牌の色から別名が来ています

この辺を覚えておくと良いかなと思います。

その他所見殺しな役の呼び名(略称・別名)まとめ

厳密には役の名前ではないですが、役に関する初見殺し系の呼び名をまとめました。

  • ダブ東(ダブトン)→役牌と自風が両方東のとき
  • ダブ南(ダブナン)→役牌と自風が両方南のとき
  • 喰いタン→鳴きを入れてのタンヤオのこと
  • メンチン→鳴きをいれていない面前での清一色のこと
  • メンホン→鳴きを入れていない面前のホンイツのこと
  • でんでん→特に意味はない

こんなところです。

でんでんというのは、昔点数を数えるときに2役を基本翻としてくわえていた時の名残で現在では意味ないので、もしでんでんと言われても0役で数えましょう。

終わりに!麻雀用語は別名が多いですが、おいおい覚えていきましょう!

ここまで麻雀でまぎらわしい役の別名をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

麻雀は色々とローカルルールが多くて初見殺しなところもありますが、めげずに1つずつ覚えていきましょう

ちなみに「サントリニーテ」とか「ライジングサン」とか、これ以外のなんだかよくわからない横文字の呪文を唱えてくる人がいるかもしれないですが、それはおそらく最近ムダヅモを読んだ人なのでスルーして大丈夫です。

では今日はこの辺で。良い麻雀ライフを!

mudadumo
役満を覚えたい人にオススメの漫画!ムダツモなく歴史と麻雀を学べ!麻雀役の1/3くらいを占める役満。 麻雀役を覚えるうえで意外と大変です。 しかも役満は使用頻度が高くないから実践のな...
リアル度で見る麻雀漫画のおすすめまとめ!勉強になるコミックスはこれだ!麻雀漫画には色々なタイプがあります。 冴えわたる1点読み、神のような豪運、それぞれに与えられた特殊能力など、現実離れした内容の作品...
ワンランク上の麻雀グッズが似合う打ち手に
麻雀グッズなんて打てればなんでもいい。

そう考えている人も多いかと思います。

でも、自宅で麻雀を打つ機会が多いという人はワンランク上の麻雀グッズを導入するのも一つの手です。

何故かというと、麻雀は基本的には一目置かれると有利になるゲームであるため。

使っているグッズがハイセンスだと、遊びに来た他家は

遊びに来た他家
遊びに来た他家
「いいグッズを使っている、ということは打ち筋もクリエイティブに違いない!」

と考えるかもしれません。

まあ、普通に気に入ったアイテムで打てるとちょっと気持ちがいいので、ぜひあなたのレベルに合わせて扱う麻雀グッズもランクアップしていきましょう。

各カテゴリーへ↓

majyan-pai-mokuji majyan-mat-mokuji
majyan-table-mokuji majyan-item-mokuji