【 麻雀役解説・海底撈月(ハイテイラオユエ)】ラスト牌をおいしくツモ和了する方法

麻雀役の一つ「海底撈月(ハイテイラオユエ)」について解説していきます。

「海底撈月(ハイテイラオユエ)」とは最後のツモ牌でアガリを取るというドラマチックな役で、海底ツモと呼ばれることも。

今日はこのラストドローな麻雀役を紹介していきます。

「海底撈月(ハイテイラオユエ)」の成立条件、点数とか鳴きの有無について

まずは「海底撈月(ハイテイラオユエ)」の成立条件について見ていきましょう。

「海底撈月(ハイテイラオユエ)」という役は、その局の最後の1枚でツモアガリすることで成立する役です。

点数は1翻で、鳴いていてもOK

要はなんでもいいから最後の牌であがれということですね。

ちなみにもしハイテイであがれなかった場合、何か牌を切って流局となりますが、この最後の捨て牌が他の人のアガリ牌だと「河底(ホウテイ)」という役がついてしまうので注意が必要です。

「海底撈月(ハイテイラオユエ)」が得意な打ち手は天江衣

ちなみにこの「海底撈月(ハイテイラオユエ)」という役は狙って作るのは難しい偶然役の一つです。

なので少しでも和了確率を上げる方法は後述しますが、基本的には狙うのは難しいと言えます。

ただ、漫画の中では「海底撈月(ハイテイラオユエ)」が得意な打ち手もいて、有名なのが漫画『咲』の天江衣です。

咲sakiの能力一覧総まとめ【全国版学校別】女子高生たちの異能麻雀を描いた漫画『咲-saki-』 その登場人物たちの能力を学校別にまとめていきます。 長野編・全国編・阿...

彼女は月にかかわる能力を持っており、月関連役である海底撈月が得意技。

しかもこの役をアガルための副産物的な能力として、対戦相手をイーシャンテンで固定し、聴牌させず、かつ鳴ける牌も出ないようにするという場の支配を併せて持っています。

もし確実にハイテイを上がろうとしたら、そんな感じで場全体を支配していく必要があります。

実際にはそこまでやらずとも、手積み麻雀などではハイテイ牌となる自山の一部を覚えていて、それに寄せて和了するという方法もあります。

まあ、この辺はあくまでフィクションの話です。

現実麻雀での「海底撈月(ハイテイラオユエ)」のアガリ方

では続いて現実的な海底の使い方を紹介していきます。

「海底撈月(ハイテイラオユエ)」のアガリ方として覚えておいてほしい使い方は以下の3つです。

・自らにツモを持ってくる

・立直、一発と合わせて3役にすることも可能

・海底ずらしを忘れるな

それぞれ説明していきます。

Amazon:麻雀 キーホルダー 両面 グッズ 雑貨 キーチェーン

海底のコツ1:自らにツモを持ってくる

海底を上がるためのまず一つ目のポイントは、自らに最後のツモを持ってくることです。

ちなみに鳴きの入っていない状態では、南家に海底が設定されている状態なので、南家は何もしなくてもOK

一つ鳴きが入った場合の変化は以下の通りです。

チーまたは下家のポンが1つ入った場合…西家が海底

チーが2つ、あるいは対面ポンが1つ入った場合…北家が海底

チーが3つ、あるいは上家からのポンが1つ入った場合…東家が海底

巡目の話でいうと、王牌と4人分の配牌を除くとツモは70枚。

4で割ると、17巡あまり2枚です。

なので南家の場合、17巡目にリーチをかけると18巡目が一発ツモでかつ海底つもとなります。

海底のコツ2:立直、一発ツモと合わせて満貫にすることも可能

2つ目の使い方としては、かなり攻撃的な海底の使い方ですが、リーチ、一発、海底を組み合わせる方法です。

これは残り山数が4枚の状態でリーチをかけ、1発ツモと海底を複合させるという手法。

うまくいけばリーチ、一発、ツモ、海底ですでに満貫スタートとなるのでどうしても点数が必要なオーラスなどでは逆転のワンチャンスとして有効です。

ポイントは鳴きを入れられない牌で宣言をすること。

オタ風など相手が鳴きにくい牌を準備して海底1巡前に備えましょう。

Amazon:リーチ一発ツモ ドラゴン麻雀牌(大) リング3連ナスキーホルダー

守りのコツ:海底ずらしを忘れるな

最後は守りの海底テクニックについてですが、「海底ずらし」というものがあります。

これは例えばリーチをしているプレイヤーに最後のツモを渡さない方法で、これを行うことで失点を下げることができます。

具体的にどうやればいいかというと、最終ツモがリーチをしていたりアガリに向かっているプレイヤーに回りそうだなと思ったら、鳴きを入れてツモ順をずらすのです。

すると、海底が回らなくなるのでツモられた場合もダメージを軽減することができます。

どうせオリているだけ、というような場面では、海底ずらしをすると玄人感が出るのでおすすめ。

終わりに:海底はレアな役だが頭の片隅に!

ここまで「海底撈月(ハイテイラオユエ)」の成立条件や扱い方について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

最後に笑うためにも最後まで集中力を切らさずいきたいですね。

自分が海底でない場合でも、最終牌でロンすると河底(ホウテイ)という役が付くのでこちらも併せて狙っていきましょう。

【麻雀役解説・河底撈魚(ホウテイラオユイ)】さよなら勝ちを狙う方法について麻雀役の一つ河底撈魚(ホウテイラオユイ)。 最後の打牌をロンすることで成立する役として知られています。 最終ツモで和了する海...

ではまた。良い麻雀ライフを。

Amazon:麻雀 キーホルダー 両面 グッズ 雑貨 キーチェーン